2019年上半期!買ってよかったモノ。

【LAMY(ラミー)のおすすめペン! 】買ったモノだけ!万年筆やボールペンを紹介します。

LAMY(ラミー)おすすめのペン_アイキャッチ

ぱぴぺぺ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

この記事では【LAMY(ラミー)のおすすめペン!】について書いていきます。

実際に購入して使った&使っているモノだけを記事にしているので、「購入を迷ってる…」なんて人や「どんな商品があるのかな?」って人にも参考になると思いますよ。

 

文房具メーカーは世の中にたくさんありますが、LAMYのステーショナリーは特にお気に入り。

実際に使ったモノはたくさんありますが、ちゃんと生地にしているモノのみ紹介しますね。

 

この記事では、各商品の概要をカンタンに説明しています。

気になったモノがあったら、ぜひ詳細も見てくださいね。

 

ぱぴぺぺ

シンプルなステンレスボディの万年筆!
初めて使う万年筆にもおすすめです。

ミニマル&シンプルな金属製ボディ。

LAMY logo(ラミー ロゴ)_全体のデザイン

僕が使っているのは万年筆ですが、ボールペンもあります。

ビジネスでも使える、金属製のシンプルなデザイン。

モノとしての所有欲もありますし、シンプルでミニマルな見た目が、服装や他のモノとも合わせやすいですね。

デザイナーはウルフギャング・ファビアンです。

 

サラサラとしたなめらかな書き心地。

LAMY logo(ラミー ロゴ)_キャップ有りで書く

書き心地はサラサラしていて、非常に書きやすい。

低価格帯の万年筆ってカリカリ系が多い印象ですが、LAMY logo(ラミー ロゴ)はなめらかですね。

見た目だけでなく、価格面と機能面のバランスもとれているしっかりした万年筆ですよ。

特にAMAZONだとかなりお得なのでおすすめ。

LAMY logo(ラミー ロゴ)_アイキャッチ 【LAMY logo レビュー】スリムでミニマルなデザインのラミーロゴ!初めての万年筆としてもおすすめ。

 

LAMY tripen (ラミー トライペン)。

ぱぴぺぺ

スリムでコンパクトな多機能ペン!
品のある見た目でビジネスシーンでも使えます。

ヘアライン加工で落ち着いた印象の多機能ペン。

マットな光沢が重厚感と品のよさを感じさせる、スリムな多機能ペン。

ペンの切り替え方法は、本体を回転させる方式です。

触ったときの少し冷やっとした金属の質感が、モノとしての所有欲も高めてくれますね。

LAMY tripen (ラミー トライペン)はビジネスでも使える見た目で、1本胸ポケットに入れておけば安心なペンです。

 

ジェットストリームの替芯が使用可能。

ボールペンは、ジェットストリームの替芯が使用可能です。

やはり書き心地は日本製のほうがいいです!ただLAMYのペンのほうがデザイン性には優れている…。

最初に付いているLAMY M21も悪くはないですが、ジェットストリームには敵わないですね。

お気に入りの見た目とお気に入りの書き心地を両立できる、今1番使用している多機能ペンです。

LAMYtripen(ラミートライペン)_アイキャッチ 【LAMY tripen(ラミートライペン) レビュー】スリムな多機能ペン!ジェットストリームの芯も使えます。

 

LAMY aion(ラミー アイオン)。

ぱぴぺぺ

スーパーノーマルなミニマルボールペン!
著名デザイナーによる飾り気のないデザインです。

圧倒的に「普通」なノーマルボールペン。

LAMY aion(ラミー アイオン)のデザイナーは、ジャスパー・モリソン。

スーパーノーマルというデザイン思想のもと出来上がっただけに、いい意味で「普通」のボールペン。

かなりシンプルなので、ビジネスシーンにもピッタリなミニマルデザインですね。

他にもローラーボールペンタイプ万年筆の取扱いもありますよ。

 

遠くからでも分かる圧倒的存在感。

書き心地は、正直ジェットストリームなどの日本メーカーのほうがよいです。

ボディ全体に細かく加工が入っていて、滑りにくく持ちやすい持ち心地になってますよ。

ノック式ではなく、本体をスライドして芯を出すタイプなので、ノック音が気になる人でも使いやすいですね。

LAMY-aion_アイキャッチ 【LAMY aion(アイオン) レビュー】極限にシンプルなボールペン!ジャスパー・モリソンのデザインです。

 

LAMY Safari(ラミー サファリ)。

ぱぴぺぺ

LAMYを代表するプロダクト!
クリエイターにも人気の定番アイテムです。

LAMYの超ロングセラーデザイン。

LAMY-safari_大型クリップ

LAMYの代表作と言えばこれ!LAMY Safari(ラミー サファリ)ですね。

デザイナーはLAMY logo(ラミー ロゴ)と同じ、ウルフギャング・ファビアン。

数多くの文房具店などでも置いてあるので、1回は見たことがあるはず。

カラバリも多く、毎年限定カラーもでているので複数本持っている人も多いですね。

 

遠くからでも分かる圧倒的存在感。

僕も複数本持っていますが、種類も多いですね。

ボールペンローラータイプのボールペン、そしてシャープペンまで。

ちなみに僕が初めて手にした万年筆は、このLAMY Safari(ラミー サファリ)。

「とりあえず万年筆を使ってみたいな〜」と思っている初めての人にもおすすめ。

イエローカラーは定番ですが、他にも真っ黒なビジネス対応可能なタイプもあり、選択の幅が広いのも嬉しいですね。

LAMY-safari_アイキャッチ 【LAMY safari】初めての万年筆にもおすすめ!定番かつ王道デザインの魅力を感じます。

 

LAMY noto(ラミー ノト)。

ぱぴぺぺ

日本人とLAMYの初コラボ作品!
日本を代表するデザイナー、深澤直人さんデザインです。

三角鉛筆のような握り心地。

LAMYnoto_手で持つ

三角鉛筆のような、懐かしい握り心地が特徴のLAMY noto(ラミー ノト)

デザイナーは無印良品の商品も手がけられている、深澤直人さん。

初めてLAMYとコラボした日本人ということで、発売直後は話題にもなってました。

ボディはプラ製で高級感はないですが、カジュアルに使えるボールペンですね。

 

遠くからでも分かる圧倒的存在感。

カラーバリエーションも多数あり、攻めたオレンジ色などもあります。

またノック音がかなり静かなので、その点が気になる人にもおすすめ。

その他はシンプルなつくりのボールペンで、深澤直人さんっぽさを感じる静かなデザインです。

LAMY-noto_アイキャッチ 【LAMY noto】三角鉛筆のようなボールペン!深澤直人デザインでシンプルミニマルに。

 

LAMY(ラミー)のおすすめ!のまとめ。

ぱぴぺぺ

LAMYのペンで、毎日を楽しく快適に!

LAMYのステーショナリーは金額の幅はかなり幅広くて、数万するペンもあれば、AMAZONだと1000円台で買えてしまうモノも。

ただ高い=良いモノではないので、自分の予算内で最大限気に入るモノを見つけるのが、モノ選びの醍醐味。

この記事のペンも、10,000円を超すものは紹介してないですね。

 

この記事は【LAMY(ラミー)のおすすめペン!】について書きました。

1本お気に入りのペンがあるだけでも、その日の気分が変わったり、快適に過ごせたり…いろいろな効果がありますよ。

自分のマイベストを見つけましょー。

 

それではまた!