巨匠デザイナーがつくる、スーパーノーマルなボールペン。[LAMY aion]

LAMY-aion_アイキャッチ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

今回は、最近の僕の仕事道具でもあるボールペンを紹介します。

それがLAMY aion(ラミーアイオン)です。

 

去年の12月頃に購入しました。LAMYのペンはよく使用していますが、いつも低価格帯のペンばかり使用していたんですよね。

カラフルな目立つボールペンが当時は好きでした。

safari、noto、tipoなど。

商品について詳しくは公式WEBサイトへ
参考 ラミー製品 | ラミー・LAMYLAMY

 

僕にとっては、初めて中価格帯のLAMYペンに手を出した商品。

手にしたきっかけは、プロダクトデザイナーのジャスパー・モリソンがデザインを手がけていると知ったからですね。

スーパーノーマルというデザイン理念を持っているデザイナーなので、モノの見た目はかなりオーソドックスなボールペンですが、書くことへのストレスが無く使用感も良いのでついつい使ってしまうボールペンです。

こんな人は気に入るかも
・ミニマルなデザインがいい
・高級ではないけど質の高いモノがいい
・デザイナーズ文具が欲しい

カンタンな動画はここから。


ミニマルで重厚感のある逸品。

ミニマルなノーマルボールペン。



ボディは少し太めで寸胴っぽいスタイル。

服装も選びませんし、ビジネス用でも私用でも使いやすいデザインとなっています。

良く言えば圧倒的なシンプルさで大人っぽさや細かなこだわりを感じますし、悪く言えばひと目見ただけでは普通のボールペンにしか見えない。価値が分かりづらい。といったところです。

パターンは3種類。万年筆、ローラーボールペン、ボールペンがありますが、万年筆とローラーボールペンはキャップが付いていますが、ボールペンのみキャップ無しです。
僕はキャップのついていないペンを求めていたので3番目のボールペンを選んでいます。

カラーは2色展開で、ブラックとオリーブシルバー。オリーブシルバーのほうがより無骨で金属のカタマリのようなイメージでした。
個人的にはブラックのほうが見た目はかっこいいし、自分の服装にも合うのでブラックを選んでいます。

 

ヘアライン加工の独特の手触り。

素材はアルマイト加工を施したアルミニウム。

※ブラックは塗装のため、雑な扱いをすると色が剥がれてしまう可能性があります。

ボディには、かなり細かく横方向のヘアライン加工が入っており、ちょっと引っかかる独特の質感があります。

この加工によって多少すべりにくくなっているので、手からポロッと落ちることもあまりありません。

LAMYのロゴはペンクリップ部分の片面のみで、かなり控えめに入っています。ペンクリップ部分のみ強く光沢があります。

 

グリップを回すのが気持ちいい。



グリップ部分を回してペン先を出します。

グリップ部分にはサーキュラーブラッシュ加工がされていて、ボディ部分よりもさらにマットな質感

質感が変わっていると回す場所が分かりやすくて良いですね。

また、実際に体感しないと伝わらないのですが、ペン先を出すときにプシュッと金属がスライドする感触も気持ちいいです。

 

シンプルなパーツ構成。

パーツの構成も3つしかなくシンプルです。

中身は複雑な構造だと思いますが、ユーザーから見える部分には一切でていないのがかっこいいですね。

リフィルはLAMYのM16が最初から入っています。

 

クセになる金属の質感。

金属製かつカラーがブラックなので重いイメージはありますが、想像よりは軽くて扱いやすいです(プラスチック製のLAMY safariとくらべると重いですが)。

適度な重量があるおかげで軽い力で書くことができます。

また安いボールペンだとペン先がブレることがありますが、そういったこともありません。

冬場はちょっと冷たいですが、しっとりとした金属の感触もあるのでモノとしての満足度も高いですね。

 

パッケージも品があります。

LAMYのシリーズとしては中間の価格帯ですが、パッケージに高級感があります。

箱はマットな質感で吸い付くような感触。本体と合わせたのかは分かりませんが、LAMY aion(ラミーアイオン)のイメージとも合っていますね。

 

この写真を撮った後に、高そうに見える箱だなーと思いました。

中はふわふわした起毛素材で本体を傷つけないようになっていて、底部を引っ張り上げると商品パンフレットと説明書が収納されています。

今日のまとめ。

ぱぴぺぺ

無駄にグリップを回したくなる気持ちよさ。

僕は気分やシーンによってもペンを変えるので、いつもこのペンを使用している訳ではないです。

見た目的にもビジネスシーンで使用されることの方が多いのかなー。

外ではLAMY aion(ラミーアイオン)を使うことが多いですが、家ではsafariをよく使っていますね。

 

低価格帯からのステップアップには手も出しやすい金額で、モノ自体の満足感も高い。

そしてどんなシーンでも使いやすいので、多くの人におすすめできるボールペンです!

巨匠デザイナーによる、スーパーノーマルなボールペン。LAMY aion。

手にとって細かなこだわりを感じてほしいです。

 

それではまた!

他にもある。LAMYの文具。


超定番のロングセラーデザイン万年筆。

長年使っているLAMYの万年筆も記事にしてみました。

価格、デザインも高水準でまとまっていてロングセラーデザインといわれるだけはある一品。

初めての万年筆としても使いやすいので、おすすめな理由も記事にしています。

LAMY-safari_アイキャッチ万年筆初心者におすすめ!歴史ある王道デザインの魅力。[LAMY safari]

 

LAMYと日本人デザイナーの初コラボ。

日本を代表するプロダクトデザイナーの深澤直人さんがデザインしたボールペン。

このLAMY notoは日本人とLAMYがはじめてコラボした記念的な一本。

普段遣いにもピッタリで、三角鉛筆のような親しみを感じるデザインが特徴的です。

LAMY-noto_アイキャッチ深澤直人デザイン。三角鉛筆のようなボールペン[LAMY noto]

 

同じデザイナーのモノ。


ボールペンと同じデザイナーがつくる、スーパーノーマルなメガネ。

JINS Design Projectの第1回目としてつくられたメガネ。

ジャスパー・モリソンらしく装飾のない普遍的なメガネに仕上がっています。

ミケーレ・デ・ルッキのシリーズと迷ったという経緯がありますが、こちらの方が日常的に使いやすいというのも選んだポイントです。

無駄を削ぎ落としたスーパーノーマルメガネ。[JINS×Jasper Morrison]