AMAZONサイバーマンデーセール開催中!12 / 9まで!

【SLIT(スリット) レビュー】TENTデザイン!A4用紙をカンタンに冊子化できるミニマルファイルです。

SLIT(スリット)_アイキャッチ

ぱぴぺぺ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

この記事では、、A4用紙を冊子の様にまとめられるツールSLIT(スリット)を紹介!

僕は同じidontknowtokyoから販売されているノートパッド、HINGE PRO(ヒンジプロ)と一緒に使用中。

 

こちらもHINGE PRO(ヒンジプロ)同様、TENTがデザインに関わっていますね。

まずHINGE PRO(ヒンジプロ)についてよく知らない人は、以前の記事を参考に!

HINGE PRO(ヒンジプロ)_アイキャッチ 【HINGE PRO(ヒンジプロ) レビュー】TENTデザイン!ミニマルなノートパッドのプロ版を購入しました。

 

この記事では、僕のスタンダードな使用方法を紹介しつつレビューしていきますよ。

 

ぱぴぺぺ_プロフィール写真ぱぴぺぺ

この商品の魅力は?

紙に穴を開けたりせずに収納できるところ!
また、ミニマルで何も装飾がないデザインも好きですねー。
大量の書類は難しいですが、必要なA4書類をキレイにまとめられます。

 

TENT公式ストアはコチラ。
参考 SLIT(スリット)TENT

 

 

SLIT(スリット) の使い方。

ぱぴぺぺ

使い方はカンタン!紙を挟んでトントンするだけです。

HINGE PRO(ヒンジプロ)と同じ質感。

SLIT(スリット)_HINGE PROと同じ質感

以前紹介したHINGE PRO(ヒンジプロ)と一緒に使用。

同じ質感なので、一緒に持つと持ち物にも統一感がでます!

HINGE PRO(ヒンジプロ)で描く→SLIT(スリット)で冊子化…という流れですね。

僕は仕事で使っているので、プロジェクトごとにファイルを変えて挟んでますよ。

 

 

使い方の手順を解説。

SLIT(スリット)_紙にスケッチ

ついつい僕の気持ちを書いてしまいました。

まずはHINGE(ヒンジ)に何か描きます。

 

 

SLIT(スリット)_紙を差し込む

何枚かの紙をまとめて入れます。

ちょっと引っかかりがありますが、ぐっと押し込めばOK。

収納枚数は、最大で20枚程度となっています。

 

 

SLIT(スリット)_背を下にしてトントンする

あとは背を下にして、数回トントンとして完了。

片手でも両手でも、トントンできれば問題なしです。

 

 

SLIT(スリット)_紙を差し込めば冊子の出来上がり

これで出来上がり!

あとはパラパラめくって冊子のように使えます。

使い方はこれだけですが、HINGE(ヒンジ)でいろいろ書いた書類を効率的にまとめることができますよ。

 

 

逆さにしても落ちません。

SLIT(スリット)_逆さにしても紙が落ちない

一度挟み込めば、逆さにしても落ちないですね。

紙に穴を開けたりすることもなく、しっかりホールドしてくれます。

 

 

SLIT(スリット) の特徴とディテール。

ぱぴぺぺ

HINGEとセットで使うと統一感アップ!

購入は3枚セットで。

SLIT(スリット)_3枚セットで購入

SLIT(スリット)は3枚セットでの購入となります。

僕は仕事で使っているので、プロジェクトごとにスケッチや手書きでまとめた内容を綴じていますよ。

ただ仕事となると3枚では足りないので、追加購入してもいいかもなぁ。

HINGE(ヒンジ)と同じく、視界のノイズを消したミニマルな見た目が特徴です。

 

お子さんがいる人は、学校からもらうプリントを挟んでもOK。

多くの印刷物はA4サイズなので、使い方の幅も広いですね。

 

 

中面はマットな質感で滑りにくい。

SLIT(スリット)_中面と外面の質感の違い

左が中面、右が外面です。

中面に関してはまったく光沢がなくマットな質感。

手触りも少々ザラッとした感触があり、紙や指が滑りにくくなってますね。

 

 

かなり控えめにロゴも配置されています。

SLIT(スリット)_控えめなロゴ

かなり薄く&小さくですが、idontknowtokyoのロゴも。

HINGE(ヒンジ)よりもさらに控えめなので、普通に使っていたら気づきませんね。

 

 

この記事のまとめ。

ぱぴぺぺ

HINGEとセットで使えば鬼に金棒です!

通常のA4ファイルとして使うのにも便利ですが、HINGE(ヒンジ)と合わせて使うことでより強力なツールになります。

もちろん通常のA4ファイルとしてSLIT(スリット)だけでも使用可能。

見た目的にも装飾がなく、ビジネスシーンでも使いやすいですね。

 

1つ難点を上げるとすると、外面には書き込んだりできる場所がないので、ひと目で何のファイルかが分からないこと。

僕は小さく切った紙にプロジェクト名を書いて、外面に貼ってますよ。ミニマルな見た目が崩れちゃいますが…

ただ穴を開けたりクリアファイルに差し込んだりする手間がないので、使っていて気持ちのいいツールです!

SLIT(スリット)_紙を差し込めば冊子の出来上がり

A4用紙をカンタンに冊子化できる薄型ファイル、SLIT(スリット)。

何度も推しますが、HINGE(ヒンジ)とのセット使いが最適ですよー。

 

それではまた!

 

TENT公式ストアはコチラ。
参考 SLIT(スリット)TENT

 

【TENTのデザイン】に関連するおすすめ記事。

 

TENTがデザインに関わったプロダクトをまとめてます。

TENTがデザインしたプロダクトまとめ_アイキャッチ

シンプルな見た目で、削ぎ落とされた機能が特徴のTENTがつくるプロダクトたち。

僕もファンの1人なので、今まで購入したモノもたくさん。

そんな購入したモノを大枠でまとめました!

詳細記事へのリンクあるので、ミニマルアイテム好きはぜひ見てくださいね。

TENTがデザインしたプロダクトまとめ_アイキャッチ 【TENTがデザインしたモノまとめ!】買ったモノだけ!ミニマルな機能を削ぎ落としたデザインが特徴。