AMAZON ブラックフライデー Kindle本 96円均一セール!

【RAVPOWER RP-PB125 レビュー】コンセントプラグ付き!ハイブリッド型のモバイルバッテリーです。

RAVPowerモバイルバッテリー_ビジュアルイメージ

ぱぴぺぺ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

今日の記事ではモバイルバッテリーを刷新!

多くの方がブログでも紹介していた、RAVPOWER RP-PB125を購入しました。

1番の特徴はモバイルバッテリーとしても、USB充電器としても使える。ということ。

モバイルバッテリーや充電器って今は必須なモノですが、荷物は可能な限り減らしたいですよね?

そんな願望を叶えてくれるプロダクトです!

 

僕は普段会社にも持っていっていますが、同僚からも評判がいいですね。

複数の同時充電も可能ですし、コンセントがあれば容量の不安もなくなります。

今まで何でなかったのかと思うぐらい便利!

手にしたら、きっと人におすすめしたくなるモバイルバッテリーですよ。

 

この商品の良いとこ!
・軽くてコンパクト
・コンセントプラグ付きで充電切れの心配なし
・ポートが3つあり同時充電も可能

RAVPower(ラブパワー) モバイルバッテリーの機能。

ぱぴぺぺ

コンセントプラグ付きでめちゃ便利!

コンセントに挿してUSB充電器としても使える。

RAVPowerモバイルバッテリー_コンセント充電

1番の特徴でもある、USB充電器としての機能。

コンセントに差し込むプラグが、本体に折り畳まれています。

つまり、モバイルバッテリーと充電器のハイブリッドな1台2役!

 

一部のビジネスホテルなどでは、まだUSBポートが部屋にない場合もありますよね。

そういったときにも便利です。

 

 

RAVPowerモバイルバッテリー_iPhoneとサイズ比較

さらにいいところを挙げると、持ち物が減るということですね!

モバイルバッテリーと充電器(コンセントに差し込むパーツ)を持ち歩く必要がなくなります。

僕の場合は、iPhoneのコンセントに差し込むパーツってよく忘れる…。笑

 

荷物も減るし、モバイルバッテリーにもなるし、一石二鳥。

あとはケーブルさえ忘れなければ問題なしです!

 

 

6700mAhの十分なバッテリー容量。

RAVPowerモバイルバッテリー_バッテリー容量

バッテリー容量は6700mAh。

少なくもなく、多すぎることもなくちょうどいいですね。

 

スペック上では、iPhone Xsを約1.5回、iPhone Xrを約1.4回充電可能。

僕は満充電1回できればいい。というぐらいの感覚。

先に書いたように、コンセントに挿して充電器としても使えるので十分です。

 

 

ポートは計3つで同時充電可能。

RAVPowerモバイルバッテリー_ポートの詳細

USB-Aポートが2つとMicro-USBポートが1つ。

僕の場合、モバイルバッテリーは基本1つのポートで十分ですが…

RAVPower RP-PB125はUSB充電器としても使用可能ということもあり、USBポートが複数あるのは便利ですね。

 

USBポートにはiSmart2.0という技術によって、接続デバイスごとに最適な電流で充電してくれます。

iPhoneなどの急速充電はもちろん、低充電モードでのBluetoothイヤホンの充電も対応しています。

 

 

RAVPower(ラブパワー) モバイルバッテリーのディテール。

ぱぴぺぺ

ここからは細かいところを見ていくよ!

全体のデザインと触り心地。

RAVPowerモバイルバッテリー_ロゴ

全体はシンプルで角丸の四角い箱。

マットなつや消しのホワイトなので、主張も少なく持ち物とも合わせやすいですね。

触り心地もサラサラした感じがあり気持ちいい。

 

ロゴは彫られていて、この部分だけつや有り。

見る角度によってキラッと光るのがかっこいいです。

 

 

コンパクトなサイズで軽い。

RAVPowerモバイルバッテリー_本体

サイズは約81×75×27mm。

男性の手であれば、手のひらに収まるサイズ感ですね。

重量は約195g。

 

実際に持つと、見た目の割に中が詰まっている印象。

だいたい玉ねぎ1個分と同じぐらいの重量です。

 

 

青色LEDで4段階の残量表示。

RAVPowerモバイルバッテリー_LED残量表示

4段階のバッテリー残量表示があります。

上部の四角いボタンを押すことで、点灯して確認が可能。

モバイルバッテリーによくあるライト機能などはありません。

 

 

PSEマーク表示もあります。

RAVPowerモバイルバッテリー_PSEマーク

シールで貼られていますが、ちゃんとPSEマークもあります。

2019年2月1日から法改正によって、PSEマークが記載されていないモバイルバッテリーは製造/輸入/販売ができなくなりました。

この記事は2019年1月30日公開してますが、多くのモバイルバッテリーが投げ売りされていますね。

 

個人的には安いからといって、安全性が低いモノに飛びつくのはちょっとなぁという感じ…。

発火や爆発の可能性もあるので、ちゃんと信頼できるモノを選びたいですね。

 

RAVPower(ラブパワー) モバイルバッテリーの内容物。

エメラルドの印象的なパッケージ。

RAVPowerモバイルバッテリー_パッケージ

珍しい色味のパッケージ。

自然界にはないような、パキッとした濃いエメラルドのような色です。

シルバーの箔押し部分も品の良さがありますね。

 

 

内容物はシンプルに。

RAVPowerモバイルバッテリー_内容物

Micro-USB用のケーブルと巾着袋。その他説明書(全部英語)などです。

ケーブルは平らなきしめんタイプ。

 

Micro-USBケーブルはイヤホンなどの充電にも使えますが、巾着は使わないかなー。笑

完全にオマケ程度のモノかと。

iPhoneやiPad使用者は別途ケーブルは必要ですね。

 

 

この記事のまとめ。

ぱぴぺぺ

荷物も少なくなるし、とても便利ですね。

僕が1番お気に入りな部分は、やっぱり1台2役で荷物も減らせる!という部分。

急速充電や複数ポートなどは、他のモバイルバッテリーでも対応できますよね。

今まではバッテリー容量とサイズと見た目ぐらいで比較していましたが、USB充電器としても使えるか?という新しい比較要素がでてきました。

 

1つ欠点を挙げるとすれば、カラーがホワイトのみということ。

僕はブラックでまとめているので、できればブラックも出してほしかったな…。

追記:ブラックも販売されました!

 

カラー展開も増えたので、特に気になる点もなし!

完成度の高いモバイルバッテリーですね。

RAVPowerモバイルバッテリー_ビジュアルイメージ

ハイブリッドな1台2役なモバイルバッテリー、RAVPower RP-PB125。

モバイルバッテリーってどれを選べばいいかわからない…。という人にもおすすめですよ。

 

それではまた!

 

 

 

【モバイルバッテリー】に関連するおすすめ記事。

 

PD対応のスタイリッシュな大容量モバイルバッテリー。

cheero-power-plus5_アイキャッチ

こちらはPD対応で、MacBookなどにも充電できるタイプのモバイルバッテリー。

コンパクトでスタイリッシュなアルミボディが特徴。

Macのスペースグレイを持っている人なら、持ち物に統一感も出ます。

また残量の液晶表示というのも珍しく、分かりやすいですよね。

cheero-power-plus5_アイキャッチ 【cheero Power Plus 5レビュー】PD対応の大容量10000mAhモバイルバッテリー!アルミ製で上品です。