首や肩への負担を軽減。MacBookにkickflip(キックフリップ)を取り付ける。

MacBook_キックフリップ_アイキャッチ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

最近、ブログ=MacBookで書くことが多くなっているわけなんですが…。

ちょっと肩や首のコリが気になってきました。

 

というわけで評判の良い、kickflip(キックフリップ)を購入。

問題としては、目線が落ちて体が前傾姿勢になっていたこと。

そうすると首や肩に疲労が…。そして猫背気味になります。

単純に姿勢が悪いと健康への影響もありますし、猫背でPC触ってる姿ってちょっとかっこ悪いなと。笑

 

実はBlueLoungeさんのkickflip(キックフリップ)を購入するつもりだったんですが…。

なんとMacBook用が売り切れ!

そこで他メーカーのモノを購入しました。

BlueLoungeのロゴがないだけで機能は一緒だったので、結果的に満足してます。

 

こんな人は気に入るかも
・ノートPCで首や肩がこる
・ノートPCのキーボードを打ちやすくしたい
・ノートPCの放熱対策をしたい

kickflip(キックフリップ)の効果と、有り無しを比較。

首や肩のコリ対策として。

MacBook_キックフリップあり_側面

MacBook_キックフリップなし_側面

上がkickflip(キックフリップ)あり、下がなし。

一番高いところで天板から、約3.5cm(実測)上がっています。

たったそれだけなんですが肩や首への疲労は軽減されますね。

肩や首のコリ、そして姿勢への対策として購入したので、1番効果を感じたのはここでした。

 

僕はMacBookで使用していますが、iPad(12.9インチ)でも使えるようです。

仕組みは単純なので、他社PCでも使えるとは思いますが…。試してないので不明ですね。

 

キーボードはちょっと打ちやすくなる。

MacBook_キックフリップあり_正面

MacBook_キックフリップなし_正面

作業をする自分目線から写真を取りました。

上がkickflip(キックフリップ)あり、下がなしです。

 

本体が浮いている分、キーボードの打ち心地も変わりますね。

若干タイピングしやすくなったかなという印象。

もともと傾斜がついていないので、最初は違和感があると思いますね。

腱鞘炎で悩んでいる方にも効果がありそうです。

 

そしてブラインドタッチに慣れていない人にも、おすすめできるかなと思いました。

少しですがキーボードが見やすくなります。

 

PCの放熱対策にも。

MacBook_キックフリップあり_側面

MacBook_キックフリップなし_背面

上がkickflip(キックフリップ)あり、下がなし。

放熱に関してですが、重い作業をあまりしないのでそこまで実感はないですね。

ブォーンってなる状況に出くわしたことがない。笑

放熱ファンがある部分に隙間ができるので、実感しずらいですが効果はありそう。

特に、春夏の暑い時期で効果を発揮してくれますね。

 

ちなみにBlueLoungeのモノだと、ここでロゴが見えてきます。

個人的にはロゴなど文字情報はあまり好きではないので、結果的には良かったですね。

よりミニマルなデザインが好きな人は、僕が購入したのと同じ商品でもいいと思いますよ。

 

kickflip(キックフリップ)の内容物と取り付け方法。

kickflip(キックフリップ)のパッケージ。

MacBook_キックフリップ_内容物とパッケージ

MacBook_キックフリップ_掃除道具

箱はロゴがないだけで、BlueLoungeとほぼ同じですね…。

ここはあまり触れないでおきます。笑

掃除用のブラシとクロスが付いていましたが、正直ちゃっちいです。

必要ない人がほとんどだと思いますが、期待しないでおきましょう。

 

まずはキレイにするところから。

MacBook_キックフリップ_掃除中

まずは接着面をキレイにします。

僕はカビキラーアルコール除菌で拭いてから乾拭きして、万全な状態に!

掃除道具は一応使いました。

 

剥離フィルムを剥がして貼る。

MacBook_キックフリップ_付け方

完成状態。

MacBook_キックフリップあり_裏面

これで完成!

kickflip(キックフリップ)本体のサイズは、幅540mm×高さ232mmです。

サイドは滑り止め部分にギリギリかかるか、かからないか。

特に使用上に問題はないですね。

 

今日のまとめ。

ぱぴぺぺ

どんどんMacBookが快適になっていく!

最近MacBookを自分仕様にしていく記事ばかり書いている気がしますね。笑

 

今のところ、
・アンチグレアフィルム貼り付け
・カッティングシート装飾
・kickflip(キックフリップ)取り付け

この3点を行ってきました!

 

機能とは直接関係のないモノもありますが、ブログがきっかけでここまでMacBook使用が快適に。

今回紹介しているkickflip(キックフリップ)は自分の健康へ投資するモノだったので、お手頃価格で対策ができてよかったなー。

見た目は簡素で地味ですが、一度使い出すと手放せなくなりますね。

MacBook_キックフリップあり_側面

首と肩のコリ対策+タイピング対策+放熱対策に効果ありの、kickflip(キックフリップ)。

特にコリに悩んでいる人には、ぜひ使ってもらいたいですね。

 

それではまた!

 

 

アンチグレアフィルムも使って、もっと快適に。

 

光の反射を抑えて視認性を向上。

MacBookアンチグレアフィルム_貼った状態

Macを買ったら最初に買うモノとして定番の、アンチグレアフィルム。

僕はMacBookの使用頻度が高くなかったので、買ってなかったんですよね。

今年に入って使用頻度が多くなってきたので、今更ですが貼り付けてみました!

貼りやすくコスパの良いフィルムで、おすすめです。

MacBookアンチグレアフィルム_アイキャッチMacBook(12インチ)にアンチグレアフィルムを貼る。[パワーサポート]

 

MacBook背面のシンボルが気になる人はコチラ。

 

MacBookを自分仕様に。

MacBook_カッティングシート_全体

MacBookの裏にあるシンボル。

記事の中で「何だこれ?」と気になった人もいるんじゃないでしょうか?

これはこのブログのシンボルマークなのですが、使いやすいデザインなのでカッティングシートにしてみました!

illustrator(イラストレーター)がなくてもつくれるので、Macをオリジナル仕様にしてみたい人でも使えますよ。

MacBook_カッティングシート_アイキャッチオリジナルカッティングシートをつくろう!MacBookに貼ってみたよ。[QUACK WORKS]