スマートホームセットがお得に!

MacBook(12インチ)にアンチグレアフィルムを貼る。[パワーサポート]

MacBookアンチグレアフィルム_アイキャッチ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

最近、このブログの更新もMacBookで行うことが増えてきました。

今までは仕事ぐらいしか使ってなかったんです…。

外でブログを書くときはだいたいカフェで作業をしてますね。

ただ1つ気になることが!

 

それは画面の反射問題。

座る席によっては店内照明や外光が入り込んだりしてちらつくんですよね。

ほんのちょっとのことですが、こういったストレスを減らしていくためにパワーサポートのアンチグレアフィルムを購入。

 

MacBook購入時に買う人が多いと思いますが、今更ながら貼ってみました。

特に日中での使用が快適になったのはうれしい。

ディスプレイ保護的にも機能的にもアップデートされました!

こんな人は気に入るかも
・MacBookを使っている
・画面の反射が気になる
・高額なフィルムには手を出せない

完成状態から。

ちらつきが気にならなくなりました。

MacBookアンチグレアシート_貼った状態

当然ですが、日差しや照明の反射が気にならなくなりました。

この写真を撮影しているのは昼頃(12時〜13時)です。

僕の部屋は角部屋なので窓が後ろ(MacBookの画面正面)にもあるのですが、反射もほとんどなし。

 

金額的にも2000円ぐらいだったので、コストパフォーマンスにも優れた商品ですね。

たまにめちゃくちゃ高いフィルムありませんか?

高額なフィルムとの違いは…うーんよく分かりません。笑

十分すぎるぐらい実用に耐えうる商品です!

 

アンチグレアフィルムを貼る。

分かりやすいパッケージ。

MacBookアンチグレアシート_パッケージ

こういったフィルムって種類が多くてどれを選べばいいか分かりにくいですよね。

メーカーで決めている人もいるようですが、とりあえずアンチグレアのタイプにしようと思ってたのでこれを選択。

ちなみに僕は店頭で購入しました。

写真に写っているMacBookのカラーがゴールドなのですが、僕のMacBookもゴールド。

そこで商品に親近感が湧いたというのも理由です。笑

 

シンプルな内容物。

MacBookアンチグレアシート_中身

中身は拭き取り用のクロスとフィルム本体。

特にムダなモノも入っておらず最低限の内容。

一人暮らしの身としてはゴミも少なくていいですね。

 

まずはクロスで拭きます。

MacBookアンチグレアシート_クロスで画面を拭く

クロスも一般的なモノですね。ちょっとサイズは小さめ。

購入したばかりであれば拭く必要もないですけどね。

僕のMacBookは汚れや指紋がかなり付いていたので、カビキラーアルコール除菌で拭いてからクロスで乾拭きしました。

 

剥離フィルムを縦に裂く。

MacBookアンチグレアシート_シートの剥がし方

これは裏側(接着面)の写真。

表面から見ると、剥離フィルムの中央少し左側が縦に裂けるようになっています。

隅から剥がして使うタイプが多いと思うので、めずらしいですね。

 

位置決めして貼るのみ。

MacBookアンチグレアシート_貼り方

位置を決めたら押さえつつ剥離フィルムを剥がすだけ。

気泡もほとんど入らずに、カンタンに貼れちゃいます。

特別な技術がなくてもキレイに仕上がるので、不器用な人にもいいですね。

 

隅の空気を抜きます。

MacBookアンチグレアシート_空気を抜く

どうしても隅のほうは若干空気が余るので、外側に押し出すようにして抜いていきます。

僕が不器用なだけかもしれませんが…。とりあえず完成!

ほどよく厚みもありヨレヨレになることもないので、下手に激安のモノを買うよりいいですね。

 

今日のまとめ。

ぱぴぺぺ

久しぶりに自分でフィルム貼ったよ。

以前はMacBookAirを使っていたんですが、そのときは何も保護してなかったんですよね。

もう売却してしまいましたが、傷や故障もなく使えていたのでこのMacBookも同じ様に扱ってました。

ブログはじめる前はノートPCほとんど使ってなかったからなぁ…。

暖かくなってきたら外でブログ書いたりもしたかったんで、ちょうどよかったですね。

MacBookアンチグレアフィルム_貼った状態

コスパのよい、アンチグレアフィルム。

MacBookを使っていて、どれにしようか迷ったらおすすめです!

 

それではまた!