2019年上半期!買ってよかったモノ。

【ONFAdd RainSocks】雨から靴を守る!靴に履かせる靴下レインソックスをレビュー。

ONFAdd-Rainsocks_アイキャッチ

ぱぴぺぺ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

この記事では、ONFAdd Rain Socks(オンファッド レインソックス)の紹介記事。

靴に履かせる靴下という新発想なプロダクト。

雨の日、靴を汚したくない…水が染み込んでくるのが困る…なんて悩みに使える商品ですよ。

 

カラー展開でブラックもありますが、ブラックの方は2018年に発売済み。

僕はホワイトのタイプを購入したので、実際に履いた様子や各部のディテールなどをレビューしていきます。

この商品の良いとこ!
・お気に入りのスニーカーを雨から守る
・傷や汚れにも強いのでアウトドアにも使える
・独特で個性的な商品
・人と被りにくい

ONFAdd RainSocks (オンファッド レインソックス)の使用シーン。

ぱぴぺぺ

実際に雨の日に使ってみました!

雨や汚れからスニーカーを守る。

ONFAdd-Rainsocks_雨の中で使用

Rain Socksという名前の通り、使用するのは基本的に雨の中。

他にはキャンプなど靴が汚れそうな場所で使うのも◎。

 

僕は暖かい時期に白いスニーカーをよく履きますが、外出や自転車で汚れることも多々あるんですよね…。

そんな、汚れることが予想できそうなシーンで重宝するプロダクト!

Rain Socks自体ももちろん洗うことができるので、ガシガシ使うことができますね。

 

適正サイズは25〜29cm。基本はメンズ用。

耐用距離は約10km程度とのことです。

 

ONFAdd RainSocks (オンファッド レインソックス)をスニーカーに履かせる。

ぱぴぺぺ

ローカットだと余ります…ミドルカットに使うのがおすすめ!

ミドルカットスニーカーに履かせてみる。

ONFAdd-Rainsocks_ミッドカットスニーカー
ONFAdd-Rainsocks_ミッドカットスニーカーに取り付け

まずはミドルカットのスニーカーから。

サイズは26.5cm。

写真のように、ちょうどいい感じで履かせることができます。

後述しますが、ローカットやローテクのスニーカーより、ちょっとボリュームがあるタイプの方が合わせやすいですね。

ここで使用しているのは、以前このブログでも紹介したadidas originalsのEQTです。

 

ONFAdd-Rainsocks_ミッドカットスニーカーで履く

実際に履いてみた状態。

ピタッとフィットするので、少しキツさを感じます。

履くのに少しチカラがいりますね。

頻繁に履いたり脱いだりする状況では使いづらい印象です。

色味ですが、ホワイトのスニーカーであればもっと自然な感じになりますよ。

 

ローカットスニーカーに履かせてみる。

ONFAdd-Rainsocks_ローカットスニーカー
ONFAdd-Rainsocks_ローカットスニーカーに取り付け

続いてはローカットスニーカーで。

こちらもサイズは26.5cmです。

ローカットだと、上部が結構余りますね。

雨が入りにくくなるので問題ないですが…

見た目が気になる人は、上部を折り返して使ってもいいですね。

 

ONFAdd-Rainsocks_ローカットスニーカーで履く

実際に履くと写真のようになります。

このスニーカーは幅も狭くて細身のカタチをしているので、幅に余りが出てしまいます。

底になる部分がサイドまで来ていたり、たわみが出てしまっていますね。

ローカットで細身のスニーカーには使いづらい印象です。

 

ONFAdd RainSocks (オンファッド レインソックス)のディテール。

ぱぴぺぺ

ここからは細かいところを見ていくよ!

ミニマルなデザイン。

ONFAdd-Rainsocks_全体のデザイン

僕が購入したのはホワイト。

他にもカラー展開でブラックがあります。

革靴用であればブラックの方が明らかに使いやすい…。

ボッテリとしたシルエットで、装飾はロゴと下部の滑り止めのみ。

パッと見では、何か分かりづらいプロダクトですね。

 

透け感があり半透明。

ONFAdd-Rainsocks_透け感のある素材

すりガラスのような半透明でシースルーな素材。

中にあるスニーカーの色やシルエットは、ぼんやりとした印象になります。

ホワイトのスニーカーであれば違和感なく使えますね。

派手なスニーカーであれば程よく主張しつつ、靴を守るコトができます。

 

しっかりと伸びる素材。

ONFAdd-Rainsocks_伸びる素材

履いたときにフィットするように、かなり伸びる素材。

破けそうな雰囲気もなく、安心して使えます。

ただ、先が鋭利なモノによって切れてしまう可能性はありますね…。

靴に履かせるのはちょっと手間ですが、汚れた後にキレイにするよりは楽ですね。

 

控えめに配置されたロゴ。

ONFAdd-Rainsocks_控えめなロゴ

本体と同素材のロゴ。

主張もほとんどなく、静かなデザイン。

ちなみに両足とも同じカタチです。

外側にロゴを持ってくるのが正規の履き方になりますね。

 

スッキリとしたクリアなパッケージ。

ONFAdd-Rainsocks_透明なパッケージ

透明な袋にラベルが貼られただけの、簡素なパッケージ。

しっかり閉じることができ、ジップロックのようになっています。

持ち運びする人は、この袋も残しておきましょう。

 

この記事のまとめ。

ぱぴぺぺ

とても気になっていたプロダクト!靴に靴下を履かせるという発想がユニークですね。

ONFAddの製品は僕もいくつかこのブログで紹介していますが…

その中でも特に限定的な使い方のプロダクトですね。

基本的には雨の日用ですが、キャンプなど汚れそうなシチュエーションに使うなど、発想によってはいろんなところで使えます。

 

そして、結構目立ちそうな印象がありますが、意外と気づかれません。

僕も会社に履いていきましたが、何も言われなかったですね…。

結果的に自分から言いましたが。笑

 

今はまだまだ使う機会も少ないですが、これから来る梅雨の時期に活躍してくれそうです。

ONFAdd-Rainsocks_雨の中で使用

靴に履かせる靴下、ONFAdd RainSocks(オンファッド レインソックス)。

独特な発想で、おもしろいプロダクトです。

ブランド自体も魅力的なので、今後も注目ですね!

 

それではまた!

 

 

 

【ONFAdd】に関連するおすすめ記事。

 

買ったモノだけ!ONFAdd(オンファッド)のプロダクトまとめ記事。

ONFAdd(オンファッド)_おすすめプロダクト

僕が注目しているブランド、ONFAdd(オンファッド)。

ミニマルな見た目を持ちつつ、どこかユニークさも感じる多くのプロダクトを取り扱っています。

この記事では僕が買ったモノだけ、おすすめ&レビュー概要を載せています。

各プロダクトへの個別記事もリンクがあるので、気になったモノがあれば見ていってくださいね。

ONFAdd(オンファッド)_おすすめプロダクト【ONFAdd おすすめプロダクト! 】買ったモノだけ!これから注目のファッションブランドです。