2019年上半期、買ってよかったモノ!

【HANDLE(ハンドル) レビュー】TENTデザイン!トートとリュックが瞬時に切り替わるミニマルバッグ。

HANDLEバッグ_アイキャッチ

ぱぴぺぺ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

今日は軽くお出かけ…なんてときにも役立つコンパクトなバッグ、HANDLE(ハンドル)の紹介。

ミニマルという観点で行くとこれを越えるバッグはないのでは…。と思えるほどのミニマルさです。


デザイナーは以前紹介したミニマルなデスクトレイ、STACKと同じ。

TENTと田久保彬さん、角田崇さんが2017年から活動開始をした、idontknow.tokyoというプロジェクトから生まれたバッグです。

 

ただミニマルなだけであれば代わりのバッグもありますが、トートバッグとバックパックの切り替えもできるという優れモノ。

手品のように一瞬で切り替わるのは、使っていても気持ちいいですし、なにより便利ですよ。

 

そんな便利さとミニマルさを両立したバッグ、本体のディテールも含めて余すとこなく書いていきます!

BASEから購入できます。
参考 HANDLEidontknowtokyo

こんな人は気に入るかも
・ミニマルなデザインが好き
・持ち運ぶモノが少ない
・メインでもサブでも使いたい

HANDLEは見た目も機能もミニマル。

ぱぴぺぺ

付け替えや手間のいらない2WAY仕様!

トートとバックパックを瞬時に切り替え。

まずは説明書から。

このバッグの最大の特徴でもあるトートとバックパックの切り替え。よくある2WAYというやつです。

ただ2WAYって使いますか?片方のパターンしか使わないことも多いですよね。

 

でもこのバッグの2WAYは他のモノとは全く違います!

多くのカバンの2WAYは、パーツの付け外しなどの作業が発生することが多い→めんどくさいから使わない…というパターン。

HANDLEはそんな手間は必要なし。持ち手部分を引っ張るorショルダーストラップを引っ張るだけで瞬時に切り替えが可能です。

 

動画もあります。


 

バックパックのとき。

僕はバックパックで使用することがほとんどです。

男女問わず使えるシンプルさとサイズ感。そして装飾のないミニマルデザイン。

ちょっと飲みに行くときや軽い買い物など、荷物が少ない場面でも役立ちます。

自転車に乗る時はバックパック、歩きの時はトートバッグといった感じで使い分けもできますね。

 

トートバッグのとき。

一般的な縦長のトートバッグ。

デザイナーのこだわりとしてエコバッグに見えないようにロゴはベルト部に入れているとのこと(ほぼ見えませんが)。

僕の使用用途としては、短期間の旅行に行く時や荷物が多い時には、別のバックパック+このトートバッグで出かける時が多いですね。

メインとしても使えますが、サブとしても使えるフレキシブルなバッグです。

 

容量はどのぐらい?

軽く出かける時用なので、持ちモノはiPadとポーチ(モバイルバッテリーとかペンとか入ってる)、書類ぐらい。

iPhoneや財布はポケットに突っ込みます。

日常的に使えますが、水筒を持ち歩く人やこまごました荷物が多い人はちょっと使いづらいかも…。

僕はPCを使う時は他のバッグを使っています。

 

PCは入るけど…。

ここで入れているのはMac Book 12インチ。

ゴツい保護ケースじゃなければケースごと入ります。

ただマチのあるモノを追加で入れるのはちょっと厳しそうです。

背中やショルダーストラップにクッションが全くないので、これだけでの長時間移動などはツライと思いますね。

 

HANDLEのディテール。

ぱぴぺぺ

圧倒的なミニマルさ!

マチは極薄。

マチはほぼなし。激薄です。

ただ先に書いたように、モノを入れると膨らむので思った以上に入ります。

服などの着替えをまとめていれるのもいいですね。

あまり入れると見た目がブサイクになるのでおすすめしません。

 

中身は何もなし。

中にはポケットも何もなく、完全な袋状。

内部に関しても徹底したミニマルさを貫いています。

小物が多い人はバッグインバッグやポーチなどでまとめておかないと、ぐちゃぐちゃになっちゃいますね。

 

ボタンホックでロック。

ちょっと固めのボタンホックなので、中のモノを盗られるという心配もなさそうです。

急に中身が飛び出してしまうこともなく、安心して使えますね。

 

唯一の装飾。

idontknow.tokyoのロゴがうっすらと入っています。

これはなくてもいいけど、作り手の責任として入れているとコラム内で言っていました。

僕は気にならないというよりも、持った時にアクセントになるのである方が好きですね。

 

撥水力のある素材。

パラフィン加工を施した帆布素材を使用しているので、多少の水滴は弾いてくれます。

ただ濡れたままにしておくと染み込んでしまうので、サッと拭いて上げる必要はありますね。

防水ではないですし、フタはボタンホックだけなので雨の日は不向きな印象です。

 

ホコリはつきやすい。

写真の通りホコリはつきやすいですね。

特にブラックなので目立ってしまいます(カラーはホワイトもあります)。

ちょっとコロコロすればいいだけですが、気になる人もいるはず。

そういったときは、静電気防止スプレーを使いましょう!

僕も黒のパンツを履く時によく使ってますよ。

 

今日のまとめ。

ぱぴぺぺ

飲み会と旅行のサブバッグに、よく使ってます。

どんどんモノが小型化する日々。PCとカメラ以外で大きな荷物を持つことも少なくなりましたね。

レンタサイクルなども増え、移動手段もその時や状況で選べるように。

フレキシブルでコンパクトなこのバッグは、持ち運ぶコトに対する一つの答えかもしれません。

 

いい意味で普通のバッグ。

性別も年齢も関係なく使える普遍的なので、バッグ選びに迷っている人にもおすすめです。


フレキシブルかつ装飾を極限まで削ぎ落としたデザイン。

身軽に動きたい時にサッと使える2WAYバッグですね。

 

それではまた!

 

BASEから購入できます。
参考 HANDLEidontknowtokyo

 

【バックパック】に関連するおすすめ記事。

 

シンプル&ミニマルなバックパックをまとめています。

おすすめミニマルバッグ&バックパック_アイキャッチ

僕が使用した、買った、使っているバックパックをまとめました!

メインはCote&Ciel Timsah(コートエシエル ティムサ)を使用していますが、気分や荷物量で変えることも多くあります。

基本的にはシンプル&ミニマルな使いやすくて、大きすぎないバックパックを選出。

1つずつ詳細レビューへのリンクもあるので、気になるモノがあればぜひ詳細も見ていってくださいね。

おすすめミニマルバッグ&バックパック_アイキャッチ【ミニマルバックパック&カバンのおすすめ! 】買ったモノだけ!シンプルでMacBookも入るカバンたち。