各テーマやカテゴリのまとめ記事はコチラから!

【TAOTRONICS TT-SK025 レビュー】コンパクトだけどパワフルな音!普段使いやすいサウンドバーです。[PR]

TAOTRONICS_TT-SK025_アイキャッチ

ぱぴぺぺ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

この記事ではTAOTRONICSのサウンドバーTT-SK025を紹介!

こちらはメーカー様よりご提供いただきました。

 

 

 

長すぎず短かすぎず、普段使いしやすいサウンドバー!

音質も安定していて、価格の割にソツのないデザインとつくりが魅力的です。

初めて使うサウンドバーとしても良いんじゃないでしょうか。

 

ぱぴぺぺ_プロフィール写真ぱぴぺぺ

この商品の魅力は?

個人的にはサイズ感が一番!TVにつけるような細長いタイプと違い一人暮らしでも使いやすいですね。
また見た目的に大きな特徴はないですが、それがちょうど良いかなと。
今度外付けのウルトラワイドモニター(スピーカーなし)が届くので、僕はそちらのスピーカーとして使用していく予定です。

 

そして記事の最後のほうにはAmazonで使えるクーポンコードもご用意してます。

4日間限定ですが、クーポンを使用すると20%OFFで購入が可能になりますよ。

 

 

TAOTRONICS TT-SK025サウンドバーの仕様とディテールをレビュー。

ぱぴぺぺ

全体のデザインや機能を見ていきます!

仕様と各部デザインをチェック。

TAOTRONICS_TT-SK025_前面

正面部分はスピーカーとロゴのみ。左右に5Wずつ、計10Wのスピーカーを搭載しているのでサイズの割にパワフルな音を出してくれます。

シンプルでソツのない見た目なので、インテリアやデスク周りにも合わせやすいですね。

全長は約41cmと長過ぎることもなく短すぎることもなく…。

重量は約655g、だいたい350ml缶ビール2本分ぐらいの重さですかね。

 

仕様は下記の通り。

  1. サイズ 幅41cm x 高さ6.7cm x 奥行き5.5mm
  2. 重量 655g
  3. 出力 10W
  4. カラー ブラックのみ

 

 

TAOTRONICS_TT-SK025_上部

上部には何もボタンなどはなし。

本体はツヤのない素材で落ち着いた印象。サランネット部分はツヤが少しあります。

 

 

TAOTRONICS_TT-SK025_右側面

右側面はコントロールのボタンがぎゅっと凝縮されています。

また少し角度が付いているので、デスクなどに置いた際、より顔に対して音が直線的にいくようになってますね。

 

各ボタンの機能は一般的なもので、ここでしか操作できないのはBluetooth(無線) / AUX(有線)の切り替えぐらい。

スマホやPC側で操作してしまうので、個人的にはあまり使わないですね。

  1. 電源ON / OFF
  2. 再生 / 一時停止
  3. ボリューム上げ下げ
  4. 早送り / 巻き戻し
  5. Bluetooth(無線) / AUX(有線)の切り替え

 

 

TAOTRONICS_TT-SK025_左側面

左側面には何もありません。

ここだけはツヤ有りの素材になってます。

 

 

TAOTRONICS_TT-SK025_背面

TAOTRONICS_TT-SK025_各種端子

背面には左側に電源ケーブルとAUXケーブルの接続箇所。

そして左右には壁掛け用と思われる穴も付いています。壁掛けとして使う人は少数だと思いますが、やろうと思えばできるということで…。

 

 

TAOTRONICS_TT-SK025_底面

左右の足の部分には滑り止めが付いていてズレなどを防いでくれます。

 

細長く持ちやすい形状+そこまで重さも感じないので、自宅内で移動させる際にもそこまで手間には感じません。

ただポータブルではなく電源接続必須なので、部屋の中で自由自在に動かしたい人向けではないですね。

デスク上で使う、テレビ用で使うなどある程度の用途が決まっている人向けの印象。

 

 

前モデルからの改善点。

TAOTRONICS_TT-SK025_ロゴ

僕は所有していませんが、TT-SK025自体は昨年すでに販売されています。

今回ご提供いただいたのは改善版ということで、下記の点が改善されているモデルとのこと。

  1. Bluetoothバージョンが4.2→5.0に
  2. ロゴがTT→TAOTRONICSに
  3. 低音量状態時に自動的に無音になる機能がなくなった。

 

以前のタイプはGIZMODEさんや他のガジェットブロガーさんでも記事にされているので、気になる方は参考に。

参考 41cmの臨場感、これは手頃だ。TaoTronicsのキュートな小型サウンドバーを試してみた | ギズモード・ジャパンギズモード・ジャパン

 

 

使用シーンのイメージ。

TAOTRONICS_TT-SK025_iMacとの使用イメージ1

TAOTRONICS_TT-SK025_iMacとの使用イメージ2モノ自体はシンプルなデザインで使いやすく、iMacだけに限らず各種モニターとの相性は良いと思います。

ただ色展開はブラックだけなので、ホワイトで統一している人などにはおすすめできないかな。

 

 

TAOTRONICS_TT-SK025_ノートPCとの使用イメージ1

TAOTRONICS_TT-SK025_ノートPCとの使用イメージ2

ノートPCと使う場合はデスクの左右どちらか、もしくは後ろに置くイメージ。

左右どちらかだと音が偏るので、僕が実際に使うときは後ろに置いてます。

 

 

TAOTRONICS_TT-SK025_スマホとの使用イメージ

一番使い勝手がよいのはスマホやタブレットとの使用。

Bluetooth自体も約10mまで届くので、日本の住居環境であればよっぽど問題ないかと。

その他にもテレビ用としても使えますね。

 

 

バランスの良い音質とパワフルな音量。

ほどよく低音が強い印象。ただ中域(ボーカル)などもしっかり聞こえてくるのでバランス型かと思います。

また当然ですが、PC本体に付いているようなスピーカーと比べて臨場感というか音の広がりは感じますね。

そして音量に関しては必要十分。近所迷惑にならない程度に大きな音量で使うと、より奥行き感やダイナミック感を味わえますよ。

 

 

接続方法は2種類。

・Bluetoothで接続

スマホやタブレットや音楽プレイヤー、その他PCなどBluetoothに接続できる機器であればOK。

接続に関しても各端末のBluetooth設定からTT-SK025を選ぶだけなのでカンタン。

僕の環境では普段の接続も問題なく、そして音の遅れなどもあまり感じなく使うことができています。

ただまれにですが、電子レンジ使用時に接続が途切れてしまうことはありました。

 

・AUXから直接接続

AUXと書かれている部分から直接PCなどにつないでもOKです。ちなみに接続するケーブルも付属で付いてきます。

ケーブルをうまく隠せるなら有線のほうが音の遅延やトラブルも少なく良いと思います。

 

 

2つの付属品。

TAOTRONICS_TT-SK025_付属ケーブル

付属品は電源アダプターとAUXケーブルのみ。

電源アダプターは実測で約157cm、AUXケーブルは約120cmです。

電源アダプターの横幅はちょっと大きめ(実測で4cm)なので、使用するマルチタップによっては両隣が使いづらくなる可能性はありますね。

 

 

AMAZONクーポンコードの使用について。

ぱぴぺぺ

5/29(金)〜6/1(月)の期間限定!お得な20%OFFクーポンをプレゼント。

カートに入れた後のお支払いオプションで入力。

Amazonギフト券・Amazonショッピングカード またはクーポン入力画面

上記画面の「Amazonギフト券・Amazonショッピングカード またはクーポン」と書かれた部分に、クーポンコードを入力すると適用されます(スマホ/PC共通)。

 

クーポンコードは下記となります。

使用する場合は、コピーするか間違いのないよう入力してくださいね!

今回は20%OFFの割引クーポンとなります。

 

SK025PPN
有効期限:6/1(月) 23:59まで

 


TAOTRONICS TT-SK025

上記画像もしくは文字列をタップ or クリックで商品ページへ。

 

 

期間は6/1(月) 23:59までとなっているので、ご購入希望の方はお早めに。

 

 

この記事のまとめ。

ぱぴぺぺ

初導入にもちょうどいいサウンドバーです!

見た目もインテリアの邪魔にならず有線&無線どちらでも接続可能。

ガッツリとしたオーディオ機器ではないですが、手軽に音楽を楽しめるアイテムですね。

全長41cmって意外と短いので置き場所を選ばずに使えますよ。また保証もしっかりしているので安心です。※18か月+12か月(製品登録後)。

TAOTRONICS_TT-SK025_ロゴ

初めて使うサウンドバーとしても優秀な、TAOTRONICS TT-SK025

家にいることがまだまだ多い時期になりそうなので、ぜひお得に手に入れてくださいね。

 

それではまた!

 

 

クーポンコード=SK025PPN