靴下をキレイに収納!便利なスニーカーソックス用ハンガー。[mon・o・tone]

No-Showソックスハンガー_アイキャッチ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

今日はスニーカーソックス用のソックスハンガーを紹介!

スニーカーソックスって収納のときに、上手くまとめられなかったりしませんか?

そして片方だけ失くなる…誰もが経験したことがあると思います。

僕もキレイにしたい気持ちはありますが、収納の中で散らばってしまってぐちゃぐちゃに…なんてことも。

 

そこで、スニーカーソックス限定ではありますが、とても便利でコスパのよいグッズを記事にしました。

僕は暖かい時期に長いソックスは履かないので、毎日のように使用。

見た目のデザインもシンプルで使いやすく、楽で便利で省スペースという一石三鳥の商品ですよ。

こんな人は気に入るかも
・よくスニーカーソックスを履く
・収納の中で靴下が散らばってしまう
・靴下の型崩れを防ぎたい

No-Showソックスハンガー使い方の流れ。

シンプルな形状とデザイン。

No-Showソックスハンガー_全体のデザイン

表面にはPULL UP YOUR SOCKS!と文字はありますが、基本的にシンプルです。

他には装飾もなく、うすーい板状。

毎日のように使うモノなので、このぐらい簡素なデザインの方が使いやすいですね。

仕様は下記の通り。

  1. 本体サイズ 横215mm ✕ 縦105mm ✕ 厚み0.75mm
  2. 適応サイズ 約23~27cmのショートソックス
  3. カラー展開 ブラック、グレー、ホワイト

小さなお子さんや、足がかなり小さい人は使えないかな…。

自分でカットして使うことも可能と記載がありましたが、切った部分が鋭利になりそうで靴下側のダメージが心配なところです。

 

洗濯後に靴下を取り付け。

No-Showソックスハンガー_靴下を取り付ける

まずは洗濯。完了後に取り付けていきます。

実際にスニーカーソックスを取り付けると、写真のように。

流れとしては、洗濯後に取り付ける→乾かす→そのままクローゼットに収納となりますね。

伸ばして干すことによって、型崩れも防げます。

 

ハンガーで干して乾かします。

No-Showソックスハンガー_ハンガーで干す

家のハンガーに取り付けてみました。

本当は波々になっているハンガー(ウェーブハンガー)があると、便利。

僕は持っていないので、写真のように使うか、普通にピンチハンガーで挟んで干すことが多いですね。

 

乾いたらそのまま収納。

No-Showソックスハンガー_キレイに収納可能

この商品の一番いいところは、たたむ必要がなくそのまま入れるだけ!ってところ。

どうしてもショートソックスって失くしやすいんですよね…。

スッキリ収納できるのも、省スペース化に貢献してくれています。

さらに迷子になる心配も少なく、散らばりにくい。

楽で便利で省スペースという、一石三鳥の商品です。

 

No-Showソックスハンガーのディテール。

 

No-Showソックスハンガー_取り付け部分拡大

上部にはハンガーなどに引っ掛けるための穴が。

切れ目が入っていて、ねじ込めるようになっています。

使うときは、普通にココをピンチハンガーで挟んでも問題ないですね。

 

10個(5足分)で1セットです。

No-Showソックスハンガー_セット内容

写真のように、10個(5足分)が1セットです。

ただ5足分では足りなかったので、追加購入予定です。

 

水に強い素材と対応サイズ。

No-Showソックスハンガー_素材と透け感

素材はPP(ポリプロピレン)。

水に強く、程よく弾力があります。

かなり薄く、陽に当てると裏面が透けますね。

 

今日のまとめ。

ぱぴぺぺ

かなり地味ですが、あると便利なソックスハンガー!

モノ自体に華やかさや主張はないですが、とても役立っている商品。

こういった小さな便利グッズって、そのモノ自体をなくしがちですが、これはそのまま収納できるので心配もないですね。

また、変な装飾や柄もなくシンプルな見た目なのも良い。

老若男女問わず使える、グッドなデザインです。

No-Showソックスハンガー_ハンガーで干す

毎日を少しだけ便利にしてくれる、No-Showソックスハンガー。

よく靴下が迷子になる人、スニーカーソックスをよく履く人にはおすすめです。

 

それではまた!