テーマごとの「まとめ記事」はこちら!

【SIMGOT MEETURE MT3 PRO レビュー】1万円以下のハイレゾ対応イヤホン!スタイリッシュなデザインも個性的。[PR]

SIMGOT_MT3PRO_アイキャッチ

ぱぴぺぺ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

この記事ではハイレゾ対応のスタイリッシュなイヤホン、SIMGOT MEETURE MT3 PROを紹介します!

こちらはメーカー様よりご提供いただきました。


以前もSIMGOT様からはイヤホンを提供いただいてますが、今回は新たに販売されたハイレゾ対応イヤホン!

MT3 PROは見た目のかっこよさ、美しさはそのままに、より安価かつシャープなデザインのモデルとなっています。

音質に関しては付属のイヤーチップで調整可能で、機能面も見た目も満足感の高いイヤホンですよ。

 

ぱぴぺぺ_プロフィール写真ぱぴぺぺ

この商品の魅力は?

やはりまずは見た目!
アップル製プロダクトのようなシンプルかつ品の良さを感じるデザインですね。
音に関しても抜けが良く心地よいので、有線イヤホンに抵抗ない人にはおすすめです。

 

 

SIMGOT MEETURE MT3 PROのディテールと音の感想。

ぱぴぺぺ

品のあるパッケージとプロダクト!少し個性もありつつシンプルで使いやすいイヤホンです

白をベースにした美しいパッケージ。

SIMGOT_MT3PRO_パッケージ

まずはSIMGOTのイヤホンで毎回豪華さを感じる、商品パッケージから。

以前レビューしたEM2は黒の高級感がある印象が強かったのですが、MT3 PROは余白多めの白パッケージ。

真ん中にシンプルなシンボルのみが配置されている、上品でスッキリとしたデザインです。

 

 

SIMGOT_MT3PRO_パッケージ底面

底面を見るとビビッドな赤色が印象的。

またこの赤色の部分はメタリックな仕上げになっており、デザインやプロダクトに強いこだわりを感じますね。

 

 

SIMGOT_MT3PRO_中身1

SIMGOT_MT3PRO_中身2

箱を開けるとイヤホン本体部分がぴったりと納まっています。

そしてさらに開封していくと、まるでアップル製品を購入した時のようなアンボックス体験。

ピターッとキレイに箱が納まっており、期待感を書き立ててくれます。

上部の箱にイヤーチップやポーチが入っており、下部の「MEETURE」ロゴの箱にはケーブルが入っていますね。

 

 

同梱物とディテールも確認。

SIMGOT_MT3PRO_イヤホン本体

まずはイヤホン本体から。

貝のような丸みを帯びた有機的な形状で、耳へのフィット感も抜群です!

カラー展開は4種類ありますが、僕は少しメタリックな印象のあるブラックを選択しました。

そのほかにもピンク、グリーン、クリアのタイプがあり、普段のファッションや好きな色と合わせて選択ができますね。

 

 

SIMGOT_MT3PRO_付属のイヤーチップ

次はSIMGOTのイヤホンでは定番の、豪華なイヤーチップセット。

前回レビューのEM2と同じ仕様となり、イヤーチップ1が中音や高音を増幅させるタイプ。イヤーチップ2は低音を増幅させるタイプです。

個人的にはイヤーチップ1使用時の音の抜け感が非常に好み。

 

 

SIMGOT_MT3PRO_付属ケーブル

続いてはケーブル。

こちらもEM2と仕様は同じで、編み込まれたような見た目でケーブル同士が絡みにくいのが特徴です。

また、しなやかで耐久性にも優れています。

少し違うのは、色が銅色というところですね。

 

 

SIMGOT_MT3PRO_付属のポーチ

最後に付属のポーチ。

ツヤのないマットな質感で清潔感のあるポーチです。また箔押しロゴも豪華ですね。

おまけ感覚ではありますが、モノとしての質感も悪くなくイヤホン以外のちょっとした小物収納に使えますね。

 

 

SIMGOT_MT3PRO_イヤホン

SIMGOT_MT3PRO_イヤホン拡大

アップで見ると独特な形が印象的ですね。

ボディの半分程度はクリア素材なので、中の配線なども見える個性的な仕上がり。

ケーブルの端は形状が固定されており、シュア掛け必須(耳の上部から後ろにかけてケーブルを掛ける方法)となっています。

 

 

組み立てとEM2との比較。

SIMGOT_MT3PRO_EM2と比較

前回レビューしたEM2(左のイヤホン)と並べてみました。

選択したカラーにもよりますが、EM2(クリア)はジュエリーのようで神秘的、MT3 PRO(ブラック)は重厚感感じるプロダクト…といった印象。

 

 

SIMGOT_MT3PRO_ケーブルの色比べ

ケーブル部分も多少色が異なります。

ケーブルやイヤーチップはどちらのモデルでも使えるので、より自分の好みの見た目や音にカスタマイズが可能です。

 

 

イヤホンの使用イメージと音の感想。

SIMGOT_MT3PRO_使用イメージ写真1

実際に装着してみました。

シュア掛けによりケーブルも邪魔に感じにくく、独特な形状により耳へのフィット感も非常に良いです!

耳穴に溶け込むようなデザインなので、主張も少なく使いやすい。

 

音質に関してEM2と比較したところ、そこまで大きな変化は感じなかったのですが(素人耳で申し訳ない)、音の明瞭度は前回レビューしたEM2の方が上かなという印象でした。

ただイヤーチップ1を使用した時の音のクリア感は気持ちよく、特にストリングスを使用した音楽にピッタリ。

イヤーチップ2は低音強調なので、ロックやクラブミュージックなどと相性が良いかなーという印象。

音が複数重なって鳴るような音源でも1つ1つの音はしっかり聴こえますし、音のクセも比較的少ないと思います。

 

 

SIMGOT_MT3PRO_ハイレゾセッティング

ハイレゾの環境に関しては最低限の状態で。

前回と同様、Creative Sound Blaster Play! 3というオーディオインターフェイス(最大24bit/96kHzまでのハイレゾ再生に対応)を使用。

またMac側でVOXというハイレゾ対応ソフトウェア(無料)を使用しています。

参考 ‎「VOX: MP3 & FLAC Music Player」Mac App Store

 

音源はmoraミュージックストアにあるエクスペリアのCMで流れている曲(VOICESって曲名のようです)のハイレゾ音源で比較しています。

 

 

この記事のまとめ。

ぱぴぺぺ

1万円以下で楽しめるハイレゾサウンド!

定価は約8000円程度と、極端に安価でもなく極端に高価でもないイヤホン。

ただ音の解像度やバランス、見た目のデザインも優れていてかなり満足ですし、音のクセも少ない。

そして装着感も抜群に良く、耳にストレスなくフィットしてくれます。

有線イヤホンは取り回しなどが多少不便ではありますが、普段使いにもピッタリなハイレゾ対応イヤホンでしたよ。

SIMGOT_MT3PRO_イヤホン

デザイン性に優れたハイレゾ対応イヤホン、SIMGOT MT3 PRO。

流れる音の気持ち良さはもちろん、プロダクトとして所有欲も満たしてくれるイヤホンです。

高いデザイン力と技術があるメーカー様なので、今後のプロダクトにも期待したいですね。

 

それではまた!