スマートホームセットがお得に!

高品質レザー×帆布のポーチ。GR III(GR3)用ケースにしてみました。[国立商店]

国立商店レザーポーチ_アイキャッチ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

今日は以前手に入れたGR III用のケースとして、国立商店のレザーポーチを購入しました。

普段は首から掛けてますが、夜ご飯に行く時などはカバンの中に入れておきたいんですよね。

 

ただ、さすがに裸のままだと心配。

そこでポーチの購入を検討し、悩みに悩んで今日紹介するレザーポーチに決定!

レザーですが金額も手が出しやすく、予算的にも助かりました。

カメラだけでなく各種ガジェットを入れたり、シンプルで使いやすいデザインのポーチですよ。

 

国立商店公式サイトより購入できます。

こんな人は気に入るかも
・コンパクトなカメラ用ポーチが欲しい
・レザーのポーチが欲しい
・シンプルなデザインが好き

国立商店レザーポーチ、僕の使い方。

完全にGR III用のポーチとして。

僕は完全にカメラ用ポーチとして使用。

本体が余裕ですっぽりと入るサイズです。

GR III自体がコンパクトなので、せっかくなら小さくて取り回しの良いポーチが欲しいと思ってました。

 

中にポケットも付いているので、予備バッテリーを分けて入れておくこともできます。

クッション性はないので、ガチガチに守りたい!って人には向いてないかと。

 

写真の通り、サイズ的にはかなり余裕がありますが…。

僕はストラップもまとめて入れてしまうので、結構パンパンに。

ストラップを外に出しておけば、他のオプション品も入りそうですね。

全体の仕様は下記の通り。

  1. サイズ 約185(W) X 135(H)mm
  2. ファスナー入り口サイズ 162mm。

国立商店レザーポーチ、他の使い方。

ガジェットケースとして。

写真では、MacBookの充電器とRAVpowerのモバイルバッテリー、ケーブル類を入れています。

小さくても最低限のガジェット類は入るので、この用途で使う人が多そうですね。

 

ペンケースとして。

ちょっと重厚なペンケースとしても。

定規も15cmなら入りますし、消しゴムなどの小物は、内部にあるポケットに分けて入れることもできますね。

多種類のペンを持ち運ぶ人であれば、うまく活用できそうです。

 

ミニクラッチとして。

クラッチと呼ぶには小さいサイズですが、荷物が少ない場合はこれだけで外出もできそう。

小さな財布であれば十分入るので、外出時に最低限必要なモノは持ち運び可能です。

 

国立商店レザーポーチのデザイン。

特徴的な素材の切り替え。

表面はブラックのエンボスレザー。

ヌメ革の表情がハッキリと分かり、重厚感ある質感も楽しめますね。

2枚の革を貼り合わせているので、真ん中にステッチが。

まだ使い始めたばかりなので、少し硬めですが、使い続けているうちに馴染んできてくれるはず。

 

レザーの経年変化を楽しみたい人は、他の色の方が分かりやすいですね。

少し価格は上がりますが、ブライドルレザーver.もありますよ。

 

背面はパラフィン帆布と呼ばれる、撥水加工された布。

少し硬めで、ハリがあるガサガサっとした生地です。

下記は公式サイトより、素材についての引用。

パラフィン帆布とは
撥水加工された帆布をさします。使い始めはやや硬くごわごわしていますが、使い続けるほどに柔らかくなります。
また、擦れてあたりがついたり、折り目にチョークマークという白い線が浮き出たりとエイジングを楽しめます。
国立商店公式サイトより引用→https://kawaya.com/lcpouch.html

 

中のポケットもレザー素材。

先に少し紹介してましたが、中の仕切りもしっかりレザーでつくられています。

本体と同じ、ブラックのエンボスレザー。

カードも余裕で入り、ケーブル類も十分に入るスペースが確保されています。

 

今日のまとめ。

ぱぴぺぺ

リーズナブルな金額でレザーポーチを試せる!

最初はGR III純正ポーチを購入しようとしてましたが、ストラップも純正で違ったものが欲しいなと。

他にも候補はありましたが、コンパクトすぎて入らなそうとか、革じゃないんかー!とか迷ってこれに落ち着きました。

国立商店公式サイトで他の商品を見てもらうと分かりますが、結構高額なモノが多い印象。

このポーチが手頃な理由は、「他の商品で必要な革を取った後に残る小さな革を組み合わせているから」とのこと。

そのためリーズナブルな価格で提供されているんですね。

国立商店のプロダクトを一度試してみたい!って人にもおすすめです。

低価格ながらも高品質な、国立商店のレザーポーチ。

レザーのポーチ欲しいけど価格がなぁ…なんて思っている人でも手を出しやすいですね。

 

それではまた!

 

国立商店公式サイトより購入できます。

 

GR IIIで撮影した写真はコチラの記事で。

 

無加工で写真を載せています。

RICOH-GRIII(GR3)_マクロでの花撮影(夜)

自分で購入するカメラとしては初のRICOH GR III。

設定やスペックなど細かい部分は記事にせず、とりあえず街に出て撮影した写真を載せています。

僕のようなカメラに詳しくない人でも、結構いい感じに撮れてるんじゃないかな。

無加工なので、こんな感じなんだーというのを感じてもらえたら嬉しいですね。

RICOH-GRIII(GR3)_アイキャッチRICOH GR III(GR 3)でサッと撮影!街を歩いていろいろスナップ撮影してみました(無加工)。

 

その他オプション品はコチラの記事。

 

バッテリーとストラップとSDカード。

RICOH-GRIII(GR3)オプション品_純正ストラップを付けて

現時点で、必要だと思うモノを購入しました。

純正バッテリーと純正ストラップ、SDカードも新調したので記事にしています。

オプション品も揃え出すとキリがない気もしますが、今後もゆっくり揃えていきたいですね。

RICOH-GRIII(GR3)オプション品_アイキャッチRICOH GR III(GR3)用に純正バッテリーと純正ストラップを購入。ついでにSDカードも。