AMAZONサイバーマンデーセール開催中!12 / 9まで!

【ONFAdd MINIMAL WALLET】圧倒的にミニマルな財布!薄くて軽いキャッシュレス仕様です。

ONFAdd-MINIMAL-WALLET_アイキャッチ

ぱぴぺぺ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

以前から気になっていた財布があり、先日家に届きました!

それがONFAdd MINIMAL WALLET(オンファッド ミニマルウォレット)です。

 

僕も去年からいくつかコンパクトな財布を使用していましたが、その中でもかなり機能が抑えられています。

まさにミニマルウォレットと呼ぶにふさわしい製品。

見た目もスタイリッシュな印象があり気に入っていますし、素材が革じゃないというのも珍しいですね。

 

正直、万人におすすめできる商品ではないですし、現金を定期的に使用する人は不便に感じると思います。

記事後半に僕の支払いスタイルも一覧にしていますので、参考にしてくださいね。

この商品の良いとこ!
・圧倒的に薄くて軽い
・胸ポケットにも入るコンパクトサイズ
・人と被りにくい

オンラインでは売り切れ中で、次回の入荷も未定です。

参考 ONFAdd MINIMAL WALLETONFAdd

ONFAdd MINIMAL WALLET(オンファッド ミニマルウォレット)のカンタンな動画。


ONFAdd MINIMAL WALLET(オンファッド ミニマルウォレット)のデザインと使い心地。

ぱぴぺぺ

シャープで削ぎ落とされた見た目と機能!

ミニマルでスタイリッシュなデザイン。



正面はONFAddのロゴのみ。

斜めの切込み部は小銭入れです。

つくりはかなり簡素で、ゴムのマットを縫い付けたような見た目ですね。

カラー展開はブラックのみとなっています。

 

お札とカードは背面バンドに収納。



背面はX字にバンドがついています。ここにカードや紙幣を挟みます。

カードは3〜4枚、紙幣も3枚〜5枚程度が適正枚数ですね。

多少生地が伸びるのでそれ以上でも収納できますが、膨らんで見た目が良くないのと、キツキツになるので取り回しが悪くなってしまいます。

 

コンパクトで手への収まりも良い。

手への収まり具合はよく、ちょっと厚めのパスケースを持つのと同じ感覚に近いです。

かなり軽くてシャツの胸ポケットやジャケットの内ポケットに入れても違和感なく使用できるので、薄着になる季節でも使いやすいですよ。

サイズは、全長7cm/幅10.5cm/奥行き3mmです。

 

柔らかく水に強いウェットスーツ素材。



ネオプレーンというウェットスーツに似た感触の素材を使用しています。

柔らかいので、ギュッと握ると写真のようにカタチが変化しますよ。

水洗いもできるので清潔に保つことができますね。

 

小銭入れは最小限のスペース。

小銭入れは最低限のサイズ。ガバっと開くことはできず、中身をひと目で把握はできません

使うのはどうしても必要なときだけにはなりますが、たくさん入れると膨らむので10枚以内に抑えたほうがよいです。

 

ONFAdd MINIMAL WALLET(オンファッド ミニマルウォレット)の気になるところ。

ぱぴぺぺ

少し残念な部分もありました…。

最初はゴムの臭いがキツイ

今は鼻をつけるぐらい近づかないと臭いはしないのですが、開封したばかりのときはゴム臭が結構強烈でした。
※個体差があるかもしれません

僕はゴム臭で頭が痛くなるタイプなので、個人的にはきつかったです。

ゴム臭対策として2日間外干しした後に、お湯に重曹を溶かしたものに1日浸けなんとか改善しました。

 

通常に使用している内に臭いは消えていくはずですが、届いてすぐに使いたい人は注意が必要です。

僕も使い始めるまでに3日かかりました。

 

僕の支払いスタイル。

コンパクトな財布を見て最初に考えるのは、「自分の生活に合うかな」とか「不便じゃないかな」という部分だと思います。

今回は僕の支払いスタイルを一覧にしたので、気になるけど自分のスタイルに合うか不安な人は参考にしてください。

家賃 = クレジット
公共料金 = クレジット
スーパー = クレジット
コンビニ = Suica
飲食 = クレジット
交通 = Suica
その他 = クレジット
割り勘するとき = LINE pay or 現金

基本的にクレジットカード、Suica、LINE payの3種類だけで生活しています。

現金を使うときは現金支払のみのところか、割り勘のときぐらいですね。

僕より現金を使う頻度が多い人には、使いづらいかなーと思いますよ。

 

この記事のまとめ。

ぱぴぺぺ

新興ブランドの挑戦。ミニマルすぎるぐらいミニマルです。

このONFAddというブランドはまだ歴史は浅く、世に出たのが2017年。

博報堂出身の高木新平さんが立ち上げたブランド。

まだまだ商品数は多くありませんが、1つ1つのプロダクトが個性的でエッジの効いたアイテムが揃っていますよ。

 

ブランドストーリー
「住所不定」を意味する「ONFAdd = Of No Fixed Address」。古来より日本では、折りや畳みなどの構造を志向し、災害時には家財一式を背負って移動するなど独自のモビリティカルチャーを発達させてきました。時を経て、インターネットが普及し、世界各地での大災害やテロの脅威によって生き方そのものが安定的・固定的ではなくなった現代。〈オンファッド〉は日本のミニマリズムをモビリティカルチャーとして再解釈し、より身軽で自由なライフスタイルを蘇らせます。

HOUYHNHNMより引用。

 

圧倒的にミニマルな財布、ONFAdd MINIMAL WALLET。

キャッシュレス生活で、現金を使わない人にはおすすめできるプロダクト。

財布だけじゃなく服なども含めて、今後の展開が楽しみなブランドですね。

 

それではまた!

 

オンラインでは売り切れ中で、次回の入荷も未定です。

参考 ONFAdd MINIMAL WALLETONFAdd

 

【ONFAdd】に関連するおすすめ記事。

 

買ったモノだけ!ONFAdd(オンファッド)のプロダクトまとめ記事。

ONFAdd(オンファッド)_おすすめプロダクト

僕が注目しているブランド、ONFAdd(オンファッド)。

ミニマルな見た目を持ちつつ、どこかユニークさも感じる多くのプロダクトを取り扱っています。

この記事では僕が買ったモノだけ、おすすめ&レビュー概要を載せています。

各プロダクトへの個別記事もリンクがあるので、気になったモノがあれば見ていってくださいね。

ONFAdd(オンファッド)_おすすめプロダクト【ONFAdd おすすめプロダクト! 】買ったモノだけ!これから注目のファッションブランドです。