各ジャンルのモノまとめ記事はコチラ!

【Mahaton どこでも除菌 レビュー】オート除菌可能なコンパクトサニタイザー!水洗い不可のモノにも使えます。[PR]

MAHATONどこでも除菌_アイキャッチ

ぱぴぺぺ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

この記事では水洗いできないモノやトイレなどを手軽に除菌できる、Mahaton どこでも除菌を紹介!

こちらはメーカー様よりご提供いただきました。

 

スマホなどの小物類の除菌から、自宅トイレの据え置きオート除菌器としても使えるアイテムです。

特にオート除菌に関してはこの製品だけの特徴!

またコンパクトなので、もし持ち出すときもかんたんです。

 

ぱぴぺぺ_プロフィール写真ぱぴぺぺ

この商品の魅力は?

完全放置で使えるオート除菌機能が特徴。
手持ちや手動の除菌アイテムは他のメーカーでもたくさんありますが、自動でやってくれるというのは初めて見ました!
トイレの蓋につけるのが主なようですが、使いようによっては他の場所でも使えそう。

 

現在はクラウドファンディングサイトMakuakeで出資者を募集中です!

Makuakeのプロジェクトページは下記より。

参考 アルコール代わりに大活躍!トイレ除菌にも外出先にも「Mahatonどこでも除菌」Makuake(マクアケ)

 

 

Mahaton どこでも除菌の仕様と使い方。

ぱぴぺぺ

基本的な仕様から使い方までを見ていきます!

パッケージと付属品。

MAHATONどこでも除菌_パッケージ

まずはパッケージから。

シンプルなホワイトの箱に商品の線画、ロゴのみ。余白多めの清潔感あるデザインです。

 

MAHATONどこでも除菌_パッケージ中

箱を開けると「どこでも除菌」本体がすっぽりとおさまっています。

iPhoneの箱みたいな感じですね。

 

MAHATONどこでも除菌_付属品

MAHATONどこでも除菌_説明書

箱の底部には付属品もまとめて入ってました。

内容物としては、トイレ蓋に取り付けるパーツ3つ、アロマリング3種、専用充電ケーブル、説明書などの書類となっています。

 

 

本体の仕様と機能。

MAHATONどこでも除菌_全体のデザイン

サイズ的にはペンケース程度。手へのおさまりはよく、ポケットなどに入れて持ち運びもしやすい大きさ。

また防水設計なので水濡れにも強く、丸洗いも可能です。ただ水に浸すのはNGみたい。

  1. サイズ 幅 4cm × 高さ15cm × 奥行 2cm
  2. 重量 85.4g
  3. UVC出力 10-15mW
  4. 電池容量 1000mAh

 

MAHATONどこでも除菌_センサー

下部にあるミラーボールっぽい部分は赤外線センサーです。

オートでの除菌時に使用。

 

MAHATONどこでも除菌_裏側のデザイン

裏面もスッキリしたデザイン。

 

MAHATONどこでも除菌_ON/OFFスイッチ

裏面にあるグレーのポッチ部分がON/OFFスイッチ。

 

MAHATONどこでも除菌_充電

充電はUSBではなく専用ケーブルが必要。個人的にはUSB-Cとかに対応してもらえると嬉しかったかな。

マグネットでカチッとひっつき、昔のMacノートであったMagSafeみたいな感じ。

 

MAHATONどこでも除菌_充電時のロゴ点灯

充電中はおもてのMAHATONロゴが赤色に点灯します。

参考 アルコール代わりに大活躍!トイレ除菌にも外出先にも「Mahatonどこでも除菌」Makuake(マクアケ)

 

手持ち除菌の使用方法。

MAHATONどこでも除菌_使用時のロゴ点灯

電源をON。MAHATONロゴが青色にゆっくりと点滅していたらONになっている印です。

 

MAHATONどこでも除菌_スマホを除菌

手持ちのコンパクトUV除菌ツールとして使えます。スマホやマスクや革製品など、水洗いなどができない機器に使うのがいいですね。

2秒長押しで電源ON、その後押し続けることでUV照射。5分間無操作もしくは電源ボタンを2回押すと電源OFF。30秒以上の照射が推奨です。

サイズ的にはコンパクトですが、持ち運んでまでは除菌しないかな…。お子さんがいる家庭は使えるかも。

 

MAHATONどこでも除菌_LED照射部分

上の丸い部分からUVが照射されます。

下の青い光は作業指示灯。紫外線は目に見えないのでどこらへんに照射されているかを教えてくれる光です。

 

 

トイレ除菌の使用方法。

MAHATONどこでも除菌_便器のフタ設置イメージ

自宅のトイレ蓋に取り付けると写真のような感じ。開けっ放しでも閉めても使えます。

おそらくこの使い方がメインじゃないかなと思います。

僕は温水便座で蓋を常に閉める派なんですが、取り付け位置によってはトイレのセンサーが起動して常に便座を温めている状態になってしまいました。

ここはメーカーや種類にもよりますね。なるべく蓋の上側につけたほうが良い感じです。

 

出典:Makuake

出典:Makuake

実際の稼働イメージは公式の動画を引用。除菌するタイミングと出会えず写真が取れませんでした…。

機能としては、オート除菌は蓋を開けた場合と閉めた場合の2種類。切り替えは必要なく赤外線センサーによって本体が勝手に判断。

蓋を開けた状態のときは1時間に1回(2分間)、蓋を閉めた状態のときは3時間に1回(2分間)作動します。

 

MAHATONどこでも除菌_便器のフタ設置用パーツ

MAHATONどこでも除菌_便器のフタ設置用パーツ(裏)

取り付けは粘着テープ(3Mの9448A)。

粘着力は強力でしっかり貼り付けが可能ですが、再剥離タイプじゃないので賃貸の人は注意が必要ですね。

 

 

そのほかの使用方法。

MAHATONどこでも除菌_シンク下設置

主な機能としてトイレ除菌とは書いてますが、シンク下の収納部分につけて食器用除菌としても使用できそうです。

ただ水洗いできるものなので、あまり効果的ではないかな…。

アイデア次第ではキッチンなどでも使えそう。

 

 

アロマ機能も付いています。

MAHATONどこでも除菌_芳香剤

メイン機能ではないですが芳香剤的な機能も付いています。

香りの種類はラベンダー、オーシャン、コロンの3種類が入ってました。

 

MAHATONどこでも除菌_芳香剤の中身

中には駄菓子のフエラムネみたいなリングが入っています。

 

MAHATONどこでも除菌_芳香剤をセット

本体裏面の蓋を取り外してセット完了。

 

MAHATONどこでも除菌_芳香剤の空気孔

本体上部には細かな穴が空いていて、ここから香ります。

特に電源等は必要なく、オマケ的な機能といった印象ですね。

 

 

この記事のまとめ。

ぱぴぺぺ

オート除菌は完全放置可で便利!

自動的に除菌してくれる安心感というのがポイントの製品なので、僕はトイレの蓋に貼り付けてのオート除菌のみで運用中。

本体充電が切れたらもちろん再充電は必要。ただそこ以外は完全放置で問題ないですね。

設置後はほぼ何もしなくても良いというのが手軽でめんどくさがりな人でも使いやすいんじゃないでしょうか。

また効果は目に見えるものではないですが、第三者機関(GT / SGS)での検証もちゃんととっているみたいです。

MAHATONどこでも除菌_スマホを除菌

使い方もカンタンで毎日使うのに手軽な除菌器、Mahaton(マハトン)のどこでも除菌

除菌などの意識が高まる昨今。1台持っておくと便利なアイテムですね。

 

それではまた!

 

 

クラウドファンディングサイトMakuakeで出資者を募集中です!

Makuakeのプロジェクトページは下記より。

参考 アルコール代わりに大活躍!トイレ除菌にも外出先にも「Mahatonどこでも除菌」Makuake(マクアケ)

 

 

【ウイルス対策】に関連する記事。

 

便利なウイルス対策グッズを集めました。

ウイルス除菌消毒グッズおすすめ_アイキャッチ

冬の時期はインフルエンザなどもあり、ウイルス対策は必須。

夏でも食中毒などがあるので、気を抜けないですよね。

そんなウイルスから身を守るためのグッズを集めました!

どれも手軽に使えるモノなので、モノを使ってしっかり予防しましょー。

ウイルス除菌消毒グッズおすすめ_アイキャッチ 【ウイルス対策グッズおすすめ!】実際に使用している除菌・消毒グッズを集めました。