スマートホームセットがお得に!

オリジナルカッティングシートをつくろう!MacBookを自分仕様に。[QUACK WORKS]

MacBook_カッティングシート_アイキャッチ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

今日はオリジナルカッティングシートをつくって、MacBookを自分仕様に!

 

製作ができるWEBサイトはいろいろありますが、今回はカッティングシートを専門に取り扱っているQUACK WORKSさんで作成。

使いやすく、料金も分かりやすいのでおすすめです。
参考 カッティングシート製作のQUACK WORKSQUACK WORKS

 

で、そもそもカッティングシートって何?って人も多いと思うので、まずは特徴を。

カッティングシートのスゴイところ
・業界最小の0.5mm角まで製作OK
・ほぼ全てのシートが耐光・耐水
・優れた耐候性
・施工まで考慮した仕上げで、とっても貼りやすい
QUACK WORKS公式WEBサイトより引用(詳細はリンク先より)→https://www.quackworks.jp/cut/

会社の営業車に社名が貼ってあることよくありませんか?

すべてではないですが、あれだと思ってもらえればほぼ間違いないかと。

 

僕はillustrator(イラストレーター)で作成していますが、文字や画像からもデータを起こしてもらえます。
※別途料金はかかります。

つくってみたいけど、ソフトを持っていない…という人にもおすすめですね。

 

illustratorは慣れが必要ですが、持っていると非常に便利なツール。

僕もPhotoshop(フォトショップ)よりillustrator(イラストレーター)が好きなんですよね。

自分で色んなデザインつくってみたいなーという人は、導入してみてはどうでしょうか。

 

カッティングシートを貼った状態から。

完成状態。

MacBook_カッティングシート_全体

このブログのシンボルマークをカッティングシートにしてみました!

主張も強すぎず、控えめでいい感じになったんじゃないでしょうか。

今後は周りに企業ステッカーなどを貼っていこうと思ってます。

 

見分けも付きやすい。

MacBook_カッティングシート_デスク上

最近、Macを持っている人多いですよね。

僕の友人たちもだいたいMacなのですが、1つの部屋に集まるとみんな同じ見た目のPCになっちゃうんですよね。

このMacBookも他の人と被りにくいようにゴールドを選んだのですが、意外と被る。笑

見た目の差別化をするためにも使えますね。

 

世界に1つだけという満足感。

MacBook_カッティングシート_テーブル上

MacBook_カッティングシート_手で抱えて

1番のポイントは、完全オリジナルということ。

極端に単純な図形や記号だと他の人と被る可能性はありますが、今回はこのブログのロゴで作成。

まず被ることはない…ハズ。

やっぱり自分でつくると愛着がわきますねー。

 

カッティングシートの貼り方。

1枚ずつシート付きで届きます。

MacBook_カッティングシート_貼る前

写真のように1枚ずつカットされた状態で届きます。

僕は5枚注文しているので、透明なフィルムにまとめて入っていました。

貼るのに失敗する可能性もあるので、使用枚数+2〜3枚注文しておいたほうがいいですね。

 

まずは貼る面をキレイに。

MacBook_カッティングシート_拭き取り

汚れていたり小さなゴミがあると仕上がりに影響するので、まずは貼る場所をキレイにします。

特に小さなホコリやゴミはシートに浮きが出てしまうので、しっかり取り除きましょう。

 

剥離紙を剥がして貼る。

MacBook_カッティングシート_剥離紙

MacBook_カッティングシート_仮当て

剥離紙を剥がしてそのまま貼ります。

リタック(転写式)シートなので、表面の薄紙はそのままで。

なかなかまっすぐに貼るのは難しいので、最初にアタリをつけておくとカンタンにできますよ。

貼り付けた後はシート部分をこするようにしっかり貼り付けましょう。

ちゃんとやっておくと次の作業が楽になります。

 

ゆっくり剥がしていきます。

MacBook_カッティングシート_剥がす

素早く剥がしてしまうと、カッティングシートごと剥がれてしまうので慎重に。

特に線の細いデザインや、複雑なデザインは注意が必要です。

ここはゆっくり様子をみながら、徐々に剥がしていきます。

 

完成しました。

MacBook_カッティングシート_完成

これで終わり!

どうでしょう?カンタンですね。

これでオリジナルMacBookの完成〜!

 

カッティングシートの注文について。

WEBサイトから見積が取れます。

MacBook_カッティングシート_見積もり準備

5つのステップに沿って内容を入力していけば見積が取れます。

やはり何円かかるか…という部分は気になる部分ですよね。

 

見積が完了すると、後日メールにてURLが送られてきます。

参考 お見積り依頼(無料)QUACK WORKS

ザックリで知りたい場合は料金シュミレーターもあるので、おおよその金額感の確認も可能です。

参考 料金シミュレーター | QUACK WORKS

 

各種仕様とシートの色を入力。

MacBook_カッティングシート_仕様選択

無料見積へ進むと各種仕様の入力ページへ。

ここでは、入稿方法、色数、数量、シート種類の選択が必要。

内容が決まっていない場合は、料金シュミレーターから行ったほうがいいですね。

 

色についてですが、自分がデータ上で作成した色は使用できません。

ここがよくあるステッカーと違うところですね。

有りモノの中から色を選択する方法になります。

カッティングシートの仕様やインクジェットなどの印刷方法については、専門的な話になるので省きます。

 

最終金額を確認。

MacBook_カッティングシート_見積金額

後日見積が送られてくるので、問題なければこのまま注文。

今回の製作内容についても下記にまとめておきます。

MacBookに貼る小さな単色シートであれば、このぐらいの金額になるという参考にしてください。

今回の製作内容まとめ
  1. 入稿方法 = illustrator(イラストレーター)での入稿
  2. シート = 651標準シート
  3. 色数 = 1色(073 ダークグレー)
  4. サイズ = 横100mm×縦22mm
  5. 枚数 = 5枚(単価371円)
  6. 製作プラン = 通常製作プラン

※金額はデータ入稿方法、製作プラン、サイズ、枚数、図形の複雑さ、その他各種仕様によって変わります。

 

カッティングシートのつくり方。

illustrator(イラストレーター)で作成。

MacBook_カッティングシート_illustrator画面

illustrator(イラストレーター)を持っている人はそっちで作成したほうがいいですね。

その方が料金も押さえられますし。

画像や文字での作成。

他にも画像や文字での作成も可能なので、illustrator(イラストレーター)がない人もつくれますよ。

詳しくは下記リンクから。

参考 入稿とデザイン方法 QUACK WORKS

 

今日のまとめ。

ぱぴぺぺ

オリジナルデザインは気分が上がりますね!

 最近MacBookをどんどん自分仕様にしていくのにハマっています!

というよりも使用頻度が増えたから、どんどんカスタムしたくなってきました。

iMacも便利ですが、ちょっと型が古いのでMacBookの方がキビキビ動くときも多いんですよねー。

 

今回紹介したカッティングシートは、試しやすく仕上がりも満足。

実はQUACK WORKSさんを使わせてもらうのは2回目ですが、はじめてのときよりもWEBサイトが充実。

デザインの知識がない人や、はじめてカッティングシートを注文する人に対して優しい仕様になっていますね。

(ちなみに以前の注文は2016年。自分のロゴを発注していました。)

MacBook_カッティングシート_全体

手頃な価格とつくりやすいカッティングシート。

オリジナルデザインで、自分の身の回りを彩ってみましょう!

 

それではまた!

Photoshop(フォトショップ)なども使えるコンプリート版はコチラ。