スマートホームセットがお得に!

洗練されたお香で、香りを聞く時間を与えよう。[リスン京都]

リスン京都_アイキャッチ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

以前から一度行きたいなーと思っていた場所があったのですが、先日やっと行けました。

それがリスン京都(LISN KYOTO)です。

 

京都烏丸にあるCOCON KARASUMA(古今烏丸)という、オシャレな複合施設の中にあります。


今回は店舗のデザインを見に行くためだったのですが、途中からスイッチが入ってしまい、ついつい香り選びに夢中になっていました。

 

店舗のデザインも洗練されていましたし、店員さんのご対応も丁寧で上質な場を演出されていて、おしゃれなお店が好きな人にもおすすめです。

実際、店舗デザインを見に来られる人も多いそうで写真撮影もしてよいとのことです。

※お店の方に確認は必要です。

 

僕の中で香りというのは結構パワーがあるものです。

香り1つで気分は大幅に変わりますよね。

 

今回購入したお香は香りの持続時間が短いこともあり(1本10分ぐらい)日常的に使うというよりは、何かアクションをしたいときや気分を変化させたいときに使用しています。

香りで行動をコントロールするというイメージです。※例えば仕事で煮詰まって気分を切り替えたい、穏やかな気分で読書をしたいなど

 

リードディフューザーは持ってますが、お香はほぼ初めて(昔ドンキで買ったぐらい)です。

いくつか吟味してマイ・フェイバリットを選んできましたので紹介します!

購入した香り。

今回僕が購入したのは、以下の6点。

  1. No.59 NATTY 白檀
  2. No.144 BIANCA くちなし
  3. No.154 ALICE アップルティー
  4. No.154 UTA カシス
  5. No.224 SLEEP オリエンタルムスク
  6. DELIGHT(ホルダー兼トレイ)

 

No.59 NATTY 白檀

いわゆるサンダルウッドです。なんとなく懐かしい香りもしますね。

強めで少し重さもある香りですが、作業の邪魔をしないのでシチュエーションを選ばず使用できます。

ゆっくり思考をめぐらせたいときや、落ち着いて考え事をしたいときに使用しています。

 

No.144 BIANCA くちなし

濃く甘い香りですが、甘ったるい嫌な感じはなく落ち着いた印象のある甘さです。

作業に集中したいときや、よしやるか!と気分を切り替えたいときに使用しています。

今回購入した中では一番好きな香りですね。

 

No.154 ALICE アップルティー

名前のまま、アップルティーの香り。

カジュアルな少し甘めの香りで、いかにも紅茶という印象はないです。

重い感じが無いので日常的に使いやすく、明るい気持ちになるスッキリとした香りです。

 

No.154 UTA カシス

カクテルのカシスとはだいぶ違います。

少し甘い感じもありますが、自然に受け入れられるような癖の無い香りです。

色の割には香りの主張が強くないので、さわやかなイメージもあります。

 

No.224 SLEEP オリエンタルムスク

白檀やアンバーが混じった複雑な重めの香り。

甘い感じはなく夜に似合う香り。

名前の通り就寝前でも良いですが、作業後などほっと一息つきたいときに使用したくなる香りです。

 

パッケージも洗練されています。

4つ以上購入するとこんなパッケージに梱包されます。

三角形をベースにしたおしゃれなデザインですね。

 

 

Delight(ホルダー兼トレイ)

シンプルな一枚の金属で作られたお香立てです。

ホルダーとトレイ部分が一体化になっているので、初めての人にはおすすめ。余計な装飾もなくインテリアにも合わせやすいです。

こちらのパッケージも洗練されていますね。

 

色鮮やかなインセンス。

お香のカラーも色鮮やかなものが多いので、小さなケースなどにいれてインテリアとして飾るのも良さそうです。

使い方はカンタン。

手順は一般的なお香と同じでカンタンです。

リードディフューザーと違い、香りの持続時間が短いことやホルダーの掃除で少しだけ手間はかかります。

1.パッケージからインセンスを取り出す。

 

2.ホルダーに差し込み火をつけるだけ。


※マッチの使用を推奨します

 

3.香りを楽しみます。

1本で約10分程度です。

店内の紹介。

洗練されたインテリアデザイン。

店内にはアソートタイプや世界の風をイメージしたシリーズもあり、ギフトにもおすすめです。

香りは150種類以上あるとのことなので、いくつかは自分が好きな香りにめぐり会えると思います。店舗のデザイン、パッケージやパンフレットなども世界観が統一されており、デザインが好きな方は見ているだけでも楽しさを感じる場所ですね。

店舗の設計をされているのは野井成正さん。

東京の青山にも店舗があるのですが、そちらの設計も手がけられています。

オンラインストアでも購入できますが、香りはWEBでは分かりづらいのと場の上質な雰囲気と什器などのデザインも含めて体験したほうが楽しめます。

京都と東京の近くに住んでいる人や行く機会がある人には行って体感してほしいですね!

今日のまとめ。

ぱぴぺぺ

はじめてのお香がここでよかった。

香道では「香りを嗅ぐ」ではなく「香りを聞く」と表現するようです。

心を傾けて香りを聞き、心の中でその香りをゆっくり味わうという意味だそうですが、ステキな表現ですね。

あなたも「香りを聞く」日常を取り入れて、豊かなライフスタイルを体感してみませんか。

 

それではまた!

 

追記。

2018/09/30(日)追記

WHITE CANVAS シリーズ #04。

ガラス作家の小曽川瑠那さんとコラボした商品です。

特別なパッケージに入っています。

香りはマリーゴールド系の少しクセのある香り。

 

今回購入した場所
・名称
リスン京都
・住所

〒600-8411 京都府京都市下京区烏丸通四条下ル COCON KARASUMA 1F

・定休日
不定休
・営業時間
11:00~20:00
・電話番号
0120-28-6006 (10:00-19:00)
・FAX
0120-61-1391 (10:00-19:00)
・WEBサイト
https://store.lisn.co.jp/shop/default.aspx

上記は掲載した時点での情報となります。掲載時点以降に変更される場合もありますので、ご了承ください。

 

他にもある。香りのモノ。


ミニマルアートのようなリードディフューザー。

アート作品のような美しい佇まいのリードディフューザー。

お香よりはこちらのほうが日常的に使うには向いていますね。

リードディフューザーというとガラスの瓶など透明なタイプが多いのですが、これは無機質なホワイトのコンクリート。

インテリアにも合わせやすくミニマルなデザインです。

リードディフューザー_アイキャッチミニマルアートなリードディフューザー。[sarasa design]