AMAZON ブラックフライデー Kindle本 96円均一セール!

【Flashget(フラッシュゲット) レビュー】世界最軽量クラスのSSD!コンパクトで持ち運びも楽々です。[PR]

ぱぴぺぺ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

この記事ではコンパクトなポータブルSSD、Flashget(フラッシュゲット)を記事に!

こちらはメーカー様よりご提供いただきました。

 

見た感じはUSBメモリスティックのようなデザインですが、最大容量は1TB!(ラインナップは128GB / 256GB / 512GB / 1TBの4種類)。

さらにスペック上では、最大読み込み速度500MB/s以上(読み込み)の高速伝送が可能という優れモノです。

 

ただ現在は通常販売はしておらず、GREEN FUNDINGのリターンのみで手に入れることが可能…。

リンクも記事内につけておくので、気になる人は出資してみてはどうでしょうか。

 

ぱぴぺぺ_プロフィール写真ぱぴぺぺ

この商品の魅力は?

とにかくコンパクトで持ち運びがしやすいところ。
転送速度に関しては気になる点や環境によるとは思いますが、十分実用的なレベル(記事後半でテストもしています)。
また音もなく静かなので、出先でも使いやすいですよ。

 

GREEN FUNDINGのプロジェクトページはこちら。

12/25まで出資を受付中です。

参考 FlashgetGREEN FUNDING

 

 

Flashget(フラッシュゲット) ポータブルSSDの仕様や機能。

ぱぴぺぺ

まずは仕様や付属品などをまとめて紹介!

内容物と付属品。

Flashget(フラッシュゲット)_内容物

まずはパッケージから。

軽い金属チックなケースと、触り心地の良いミニポーチのセットで届きました。

 

 

Flashget(フラッシュゲット)_本体と変換アダプター

今回ご提供いただいたのは128GBのSSDと、別売りのUSB-C変換アダプター。

カラー展開はブラックとシルバーの2色展開、SSDの容量は128GB、256GB、512GB、1TBの4種類となっています(サイズや見た目は同じ)!

なぜか本体はブラック、アダプターはシルバーになってますが、クラファンでの支援時にはちゃんとカラー選択が可能です。

 

 

軽くてコンパクトなスティック型ポータブルSSD。

Flashget(フラッシュゲット)_サイズ感2

特徴としては、とにかくコンパクトであること。

今は携帯性に優れたSSDはたくさん発売されていますが(サムスンなど)、スティック型はかなり珍しいんじゃないでしょうか。

胸ポケットにも入るようなサイズ感で、持ち運びも楽々なのが嬉しい。

ただ小さすぎて失くしそうなので、そこだけは注意が必要ですね。

 

 

Flashget(フラッシュゲット)_ポーチに入れる

以前記事にもした、クレールフォンテーヌの2ルームポーチに入れて持ち運んでいます。

アダプターがちょうど入るスペースもあるので、かなり使いやすい組み合わせですね。

 

 

使い方と使用イメージ。

Flashget(フラッシュゲット)_MacBookと接続

使い方としてはPCやスマホ、iPadとつなげるだけ。

USB-C変換アダプターを使えばケーブルレスで接続できるので便利。

使用中は多少暖かくはなりますが、「熱い!」ってほどではないですね。

また静音性に優れていて、音は全く出ません。

 

 

Flashget(フラッシュゲット)_USB-Cハブ使用で接続

もちろん、USBハブを使っても問題なく認識されました。

使用しているのは以前記事にもしている、SatechiのV2スリムハブ

PCを使う時はハブも持ち歩いているので、こうやって使うことの方が多いかな。

今回はこの状態でテストも行います。

 

 

Flashget(フラッシュゲット) ポータブルSSDの転送時間テスト。

ぱぴぺぺ

データ転送にどのぐらい時間がかかるのかをチェック!

65GB分のデータでテストします。

僕はiPadやスマホで使用しないので、MacBookに接続してテストしました。

SSD自体が謎の名称になっていたので、とりあえず分かりやすい名前(SSD_128GB)へ変更しつつフォーマットしています。

 

その後、どのぐらいの時間でデータ転送が行われるか試してみました。

今回は約65GB分のデータを用意したので、これで読み書きしてみます。

 

 

まずは読み込みからテスト。

Flashget(フラッシュゲット)_スピードテスト01

データの中身はごちゃまぜで、写真から動画、3DCGや図面などのファイルを入れています。

この検証ではSatechiのV2スリムハブにFlashget(フラッシュゲット)を直に挿してテスト。

約65GBのデータが2〜3分程度で移行できるなら十分なレベルですね。

 

 

Flashget(フラッシュゲット)_スピードテスト02

ちなみに、付属のUSB-C変換アダプターを使うと25分ぐらいかかりました…。

その時の環境や状況にもよりますが、付属のUSB-C変換アダプター使用では速度が落ちるようです。

※個体差による可能性もあります

 

同じようにレビューされているブログ(たびくも様)がありましたので、参考まで。

参考 【使用レビュー】FlashGetミニポータブルSSD コンパクトでPC・スマホに使えるので持ち運びによしたびくも

 

 

続いて書き込みでテスト。

Flashget(フラッシュゲット)_スピードテスト03

一度SSDをフォーマットし直して、今度は本体→SSDへ書き込みを。

読み込み時よりは多少時間がかかりますが、それでも5分程度。

 

 

Flashget(フラッシュゲット)_スピードテスト04

付属のUSB-C変換アダプターを使うと28分程度…。

変換アダプターを使う場合は、速度にあまり期待しないほうが良さそう。

そこまで速度が必要な場面も少ないのですが、5分と28分だと結構差がありますよね。

 

 

この記事のまとめ。

ぱぴぺぺ

いつでもどこでも大容量データを持ち運べますね

届いた瞬間、まずは小さすぎてビックリ!

軽くて小さいことは素晴らしいのですが、失くさないようにすぐにポーチに入れて保管しました。笑

 

紛失する可能性も考えると、そのままポケットに入れて持ち運ぶのは恐いかな…。

モノ自体はサッと取り出してデータ転送ができますし、小さい=持ち運びが楽なので、提供いただいてからはかなり便利に使わせてもらっています。

 

僕の使用用途としては、出先で編集したいデザインデータなど用。

128GBあれば重たいデータもかなりの量が入りますし、加工したい画像類も十分保管可能。

512GBや1TBであれば、SSDにOSを入れて起動ディスクとしての使用もできますね(ちなみにPS4やX BOXにも使えるようです)。

 

Flashget(フラッシュゲット)_黒いモノと並べる

超軽量&超コンパクトなSSD、Flashget(フラッシュゲット)。

ポータブルSSDを検討している人は、候補に入れてみても良いんじゃないでしょうか。

今支援すると、2月上旬ごろのお届けになるようですよ。

 

それではまた!

 

GREEN FUNDINGのプロジェクトページはこちら。

12/25まで出資を受付中です。

参考 FlashgetGREEN FUNDING

 

 

【クラウドファンディング】に関連するおすすめ記事。

 

クラファン関連の記事を1つにまとめました!

クラウドファンディングで支援したモノまとめ_アイキャッチ

クラウドファンディング発のモノや、支援したモノやコトを1つの記事にまとめました(提供いただいたモノもあります)。

市販のモノより高機能であったり珍しいコンセプトも多く、見ているだけでもワクワクするプロジェクトがたくさんありますよね。

そんなクラファン関連のアイテムなどを、プラットフォーム別に紹介していますよ。

クラウドファンディングで支援したモノまとめ_アイキャッチ 【クラウドファンディング】支援したモノまとめ!サイトごとに支援したプロジェクトをピックアップ。