AMAZON ブラックフライデー Kindle本 96円均一セール!

【バウムウントバウム】ドイツ製菓マイスターが作る!本物のバウムクーヘン。

バウムウンバウム_アイキャッチ

ぱぴぺぺ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

以前から行きたいバウムクーヘン専門店があったのですが、やっと行けました。

それがBAUM u. BAUM(バウム ウント バウム)。

インスタでたまたま見つけたんですよね。

 

家から電車で約10分、少し足を伸ばして六甲まで行ってきました。

2018年の7月にオープンした新しいお店なので、神戸在住の人でも行ったことがない人も多いと思います。

今回は一番シンプルで定番なバウムクーヘンを購入したので紹介していきますね。

この商品の特徴
・おみやげにもおすすめな見た目
・実店舗は神戸のみ
・素朴で誰でも食べやすい

お店のコンセプトはコチラ。

伝統的なドイツ菓子の代表のひとつバウムクーヘン。
バウム(Baum)とはドイツ語で「木」を、クーヘン(Kuchen)とは「菓子」を意味します。
大正時代、ドイツ職人の手によって日本に持ち込まれたバウムクーヘンは神戸の地で育まれ、現在では本場ドイツ以上に人々に親しまれる人気のスイーツとなりました。
神戸の菓子職人、井谷眞一はドイツで10年あまり製菓にたずさわり、ドイツ国家資格の製菓マイスターの称号を持つ、日本におけるバウムクーヘンの歴史に深く関わってきた本物を知るマイスターです。
井谷自身が名付けた『BAUM u. BAUM』はバウムクーヘンの真髄であるとともに、ここから始まる新たな歴史が後世へと継承される事への希望を込めています。
シンプルな形と色の派手さはないバウムクーヘンですが、だからこそ井谷は正統派な作り方、素材、美味しさを追及して一層一層丁寧に作り上げました。
どうぞお召し上がりください。公式WEBサイトより引用→https://www.baumundbaum.com/fs/baumundbaum/c/concept

バウムウントバウムはドイツ製菓マイスターのお店です。

ぱぴぺぺ

マイスターという信頼感!

信頼と実績のあるマイスター。

ドイツ国家資格の製菓マイスターと神戸マイスターの称号を持つ井谷眞一さんが手がけるお店です。

正統派な作り方、素材、味にこだわった本物を知る職人ということで、期待値も高まります!

 

よく知るバウムクーヘンとは違うカタチ。

いただいたパンフレットの一部ですが、これがバウムクーヘン。

僕らがよく知っているバウムクーヘンとは、ちょっとカタチが違いますよね。

角に丸みがある車輪のようなカタチ。

味の種類もプレーンとチョコのみのシンプルな展開です。

 

バウムウントバウムで購入しました。

ぱぴぺぺ

食べる前から美味しそう!

1段のタイプ、ベルゲを購入。

今回購入したのはベルゲと呼ばれる1段タイプのバウムクーヘン。

同じタイプで2段タイプのツヴァイ・ベルゲ、4段タイプのフィーア・ベルゲもあります。

そのほかにも小型のべー・ベーや、スティックタイプのホルツフンというカットの仕方が違うタイプも。

バリエーションも豊富なので、自分が食べる量や予算、送る相手の人数に合わせて選択できますね。

 

丸みのあるカタチ。

愛らしいを感じる丸みのあるカタチ。

マーガリン不使用、ショートニング不使用、ベーキングパウダー不使用なので、健康に気を使っている人にも嬉しいバウムクーヘンです。

まったく飾り気のないバウムクーヘンです。これもミニマルなデザインというのかな。

インスタでも投稿されていましたが、アレンジをしてケーキバウムにするのも楽しそうです。

 

素朴な味。

今回の購入はプレーン。

はじめての購入でしたが、もっちりとした食感と外側のちょっと硬めの生地が食べごたえがあります。

味自体は自然な甘みを感じる素朴な味。どこか懐かしさを感じる正統派ですね。

 

1段でしたが、1人で食べるにはなかなかボリューミーだったので2日かかりました。

ごちそうさまでした。

 

神戸のおみやげにも。

ブラウンにゴールドの枠があしらわれたシンプルな箱。

ロゴの部分は箔押しになっているので、高級感もあります。

ちょっとサイズ感は大きめですが、プレゼントにも。

バウムクーヘンの層は木の年輪に例えられることが多く、長寿や生活が長く続くよう願いが込められた縁起の良いお菓子とのこと。

両親や年配の方へのおみやげとしてもいいですね。

 

この記事のまとめ。

ぱぴぺぺ

正統派な味と目を惹く見た目。

最寄り駅からも徒歩5分程度なので、車がない人でも行きやすいですね。

店員さんもフレンドリーでお店のことも親切に教えてくれ、一緒に店内に居た子供も楽しそうでした。

そして、試食もいただけましたよ。

職人が作る本物のバウムクーヘン。

神戸に来た際はぜひ訪れてみてはどうでしょうか。

コテコテではなく上品でシンプルなので、老若男女問わず美味しく食べれるバウムクーヘンです。

 

それではまた!

 

公式WEBサイト(オンラインショップもあります)
参考 バウムクーヘン専門店 Baum u. Baum KOBE(バウムウントバウム)BAUM u. BAUM KOBE(バウムウントバウム)

今回行った場所
・名称
BAUM u. BAUM(バウム ウント バウム)
・住所
 〒657-0035 兵庫県神戸市灘区友田町4丁目4-18 グランディアミ・アモーレ六甲道1F
・最寄り駅
JR六甲道駅から徒歩5分、阪神電鉄新在家駅から徒歩3分
・定休日
水曜日
・営業時間
11:00〜19:00
・電話番号
078-803-8388
上記は掲載した時点での情報となります。掲載時点以降に変更される場合もありますので、ご了承ください。

 

同じ神戸にしかないモノ。


伊藤園が手がける茶葉専門店。

「おーい、お茶」でも有名な伊藤園が手がける茶葉専門店Le monde du the (ル モンド・デュ テ)

実店舗は神戸大丸にしかなく、ここで紅茶を購入しました。

神戸のおみやげにも使いやすく、きっと気に入るお茶が見つかりますよ。

Le-monde-du-the_アイキャッチ【Le monde du the ITOEN】神戸にしかないお茶専門店!お土産としてもおすすめです。