2019年上半期!買ってよかったモノ。

ラフに使えるレトロなノート。[Clairefontaine GraFit]

GraF-it_アイキャッチ

ぱぴぺぺ

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

今回紹介するのは仕事や落書きなどプライペートでもガシガシ使っているノート。

僕はiPad Proも使用しているのでアナログでメモすることは減りましたが、基本スケッチやラフの画を描くときにはアナログなノートを使用しています。

 

そして僕が愛用しているのがClairefontaine(クレールフォンテーヌ)のGraFit(グラフィット)です。

アナログノートに関しては、今はこれ以外使っていません。

 

ただ一般的なノートではなく、これはクロッキー帳と呼ばれるノート。

美大や芸大出身の人には馴染みがあると思いますが、カンタンに説明すると速写用の厚みの無い描きやすい紙です。そしてそれを束ねたモノです。

こんな人は気に入るかも
・ポップなデザインがいい
・他の人と被りたくない
・ラフにガシガシ使いたい

 

仕様
サイズ 210mm×148mm(A5)
紙厚 90g
枚数 80枚

レトロ感のある愛着が湧くノート。

ポップな可愛らしいデザイン。

カラーは鮮やかなイエロー。

カバンの中でも目立ちますし、見つけやすい鮮やかな色です。

グラフィックもレトロ感のある鉛筆のシルエットが特徴的で、可愛らしさも感じられるデザインになっています。

他にもブルーやグリーンやピンクなどたくさんのカラー展開があるのですが、どれも発色が良く目を惹くカラーです。

※僕も全種類見たことはないのですが、WEBで調べるとたくさんでてきます。

 

ロゴのアップ。

表紙のアップです。

隅にはClairefontaineのロゴ。

旧約聖書のエピソードに由来する「かめから水を注ぐ娘」が描かれています。

ロゴの成り立ちは献身とまごころを象徴する女性像として知られるリベカが水瓶を肩に乗せた姿を、フランス語で「清らかな」という意味を持つCLAIRE、「泉、湧き水」を意味するFONTAINEのイメージと重ね合わせてデザインされたとのこと。

※ロゴの説明はClairefontaineのFacebookページより引用しています。

 

背面はシンプル。

背面にグラフィックは無く、ロゴとバーコード程度。

両面ともカバー部分にコート加工などはされておらず耐水性などはありません。

使い方によっては汚れが付く可能性はありますが、もともとラフ用でガシガシ使うモノなので僕は気にしてないですね。

 

背面のアップ。MADE IN FRANCEの文字と紙のサイズや枚数の仕様情報。

そしてPEFC(森林認証)マークが記載されています。

ティッシュなど身の回りの紙製品にも記載されているものがあるので、見たことある人も多いかと思います。

 

ミシン目付き。

折り込んでノートパッドの様に使用できます。

またミシン目が薄く入っているので、一枚づつ切り離して使えます。

僕はこのノートに仕事や日常生活のメモなど、さまざまな内容を書き込んでいくので切り離して使用できるのは便利ですね。

 

紙質はラフ。



紙質は少し厚手でさらっとしていますが、高級感は無くラフな質感。
そして方眼などは無く無地白色の用紙。

高級用紙のようなすべすべ感はありませんが、日常使いにはちょうどよい紙質です。

 

筆記具を選びません。

本来は鉛筆やシャープペンで描くノートですが、ボールペンでも紙の滑りはよく、インクのノリも悪くないです。ペンを選ばない紙質です。

※クロッキー帳なので水彩画には向いていません。

 

裏透けは少しあります。



裏面は若干透けますが、そこまで気になるものではないですね。

この写真ではLAMYのsafari(リフィルはM63)で書いています。

ボールペンによってはもう少し透けにくいかと思います。

 

A5サイズが使いやすい。



僕が使用しているサイズはA5。

他にもA4サイズもありますが、取り回しを考えるとA5がちょうどいいサイズではないかと思います。

 

部屋のアクセントにも。



インテリアとしても映えます。

この写真は以前アロマディフューザーを紹介したときに撮影した写真ですが、地味になりがちなデスク上でもアクセントになるノートです。

 

この記事のまとめ。

ぱぴぺぺ

もうちょっと手に入りやすいといいなぁ。

どうでしたか?今の時代だとタブレットで画を描く人やメモを取る人も多いはず。

外に持ち運ぶのは面倒に感じることもあり、荷物を減らしたいときは持っていかないこともあります。

 

僕もiPad Proを購入してからは紙のノートからだいぶ離れていましたが、個人的には紙を用意してペンも用意して準備していると「よし書こう!」という気分になりますね。

 

ちなみにWEBでも調べましたが、Amazon、Yahoo、楽天でも取扱いが無いようです…

僕は実店舗で購入しています。→TODAY’S SPECIAL Kobe(公式WEBサイトhttps://www.todaysspecial.jp/)

気軽に買い足しできないのは困るので、取扱店舗やネットショップが増えて欲しいなーと思いますね。

 

それではまた!