ブランディングとは何か?[初心者向け/その1]

ブランディングとは?_アイキャッチ01

こんにちは、ぱぴぺぺ(@papipepe_mono)です!

 

ブランディングという言葉、よく聞きますよね。会社勤めの人は分かると思いますが、年配の人も最近はよく使われてます。

 

ただブランディングというモノについてちゃんと調べたり、理解をしようとしている人って少ないと思います。会議とかでもなんとなく雰囲気で言ってる感じがしませんか?

今回は僕の思うブランディングについて、可能な限り内容を短縮して記事にしてみました。

ブランディングとは?

いきなり結論です。
ブランディング=ブランドの想いを決めること

補足
ブランドの想い以外の表現
・ブランドのベース
・ブランドの思想
・ブランドの個性
・ブランドの〇〇っぽさ
・そのブランドらしさなど
いろいろ表現はありますが、僕がしっくりくる言葉は思想と考えています。

自分が何かのブランドをつくると想像してみてください。どんな想いでブランドを立ち上げますか?

 

この想いを大まかに考えると誰のために、何をして、どんな気持ちになってもらうかということです。

これがブランドの想いとなり全てのベースとなります。ここが決まってから詳細な部分へ展開していくイメージです。

 

ここで一旦、ブランディングとは何か?のまとめ。

ブランディングとは?=ブランドの想いを決めること

想いとは?=誰のために、何をして、どんな気持ちになってもらうか

 

ここまでが記事タイトルの答えです。

ここからはもう少し掘り下げていきますね。

ブランディングをする理由は?

ここも結論から。
ブランディングをする理由=ブランドの魅力を正しく理解して伝えるためです。

 

ここがハッキリしていないと、ブランドの基準とするものがなく迷いが生じてしまいます。

迷いが生じるということは余計な考え(ノイズ)が混ざってしまい、本当に伝えたいことがうまく伝わらない、一貫性が無くブランドの魅力が分かりづらい、そもそも伝えたいことは何だ?この企業は何を目指しているのか?という状態になってしまいます。

 

逆にブランドの魅力を正しく伝えることができれば、ブランドが目指していることが明確に伝わり、ブランドへの信頼感や価値に繋がります。

そして信頼感や価値が蓄積されていくとブランドのチカラがどんどん強くなっていき、企業自体の価値も上がっていきます。

 

補足
すでに存在するブランドの再開発や再構築を行うことをリ・ブランディングといいます。ブランドの魅力を再確認して時代に合わせてアップデートを行います。

ブランドのチカラが強いとどうなる?

やっぱり結論から。
ブランドのチカラが強い=良質なファンが増える

良質なファン=ブランドを好きで信頼しているファンのことで、ブランドを支えてくれる存在です。

 

当然ですがファンなので、売上に貢献してくれます。例えば原材料高騰による値上げがあったとしても、そのブランドがいい!と思っているので離れる人も少ないでしょう。

むしろ自分が支えにならなきゃと思う献身的なファンもいるかもしれません。

また良質なファンの発言には説得力があるので、今の時代だとその人たちがSNSで広めてブレイクする可能性も高くなります。

 

逆にブランドのチカラが弱いというのは、一過性のファンが多いorファンがいないという状態です。

メディアに紹介され、たくさん売れる。一過性のファンが多くなる

売上拡大を狙い、さらに新しいファン獲得のためにブランドの想いから外れたプロダクトをだす

元々いた良質なファンは幻滅して離れていき、流行が去るとともに一過性のファンもいなくなる

売上減。ブランドの価値が下がる

分かりやすい例でいくと、こんな感じです。

どこかで聞いたことあるような話ですね。

今日のまとめ。

ブランディングとは?

ブランドの想いを決めること
(誰のために、何をして、どんな気持ちになってもらうか)

ブランディングする理由

ブランドの魅力を正しく理解して伝える

ブランドのチカラが強くなる

良質なファンが増える

 

細かい内容まで書いてしまうとすごーく長くなってしまうので、今回はブランディングとは何か?ブランディングをする理由とは?という部分のみを記事にしました。

 

 

それではまた!